2008年12月 - ブリブリモンキーの冒険
FC2ブログ

2008年・ベストツーリングランキング

お疲れさまです。
2008年も後少しで終わりになります。
そこで、今年、行って良かったベスト3を発表したいと思います。

第1位 北海道・国道231より見た石狩市


 ブログを始める前の6月に、念願の北海道へ行きました。
 この時は、CB400SF。青森まで高速で行き、函館にフェリーで渡りました。
 何せ始めて尽くしのツーリング。いらない荷物をいっぱい持って行きました。
 北海道は、見る物すべてデッカイどう。感動の嵐!!!
 その中でも、沿岸沿いから見た景色は、表現できない興奮を味わい格別でした。
 そんな訳で、第1位です。

第2位 北海道・宗谷岬


 誰もが憧れる最北端は、宗谷岬。
 北海道に着たのなら「ここに行くきゃない」と目的地にしました。
 だけど、ここは僕にとって、感動したという場所ではありません。
 丁度、この頃、梅雨明けの時期。宗谷岬付近は荒れ模様。
 着いた瞬間、「人間が住む所じゃない」と確信しました。ひたすらに寒いのなんの・・・。
 良くがんばって来た、という意味で、第2位です。

第3位 高知・四国カルスト


 今年、2回目の10連休。11月を終わりで暖かい場所に行こうと四国へと行きました。
 北海道ツーリングが今年の最大テーマだっただけに、四国をどう回ろうか考えあぐねていました。
 そんな時、雑誌で見た写真が、四国カルストです。
 一目見た瞬間「うさん臭いな」というのが第一印象。そこで行ってみるかという事で、決定しました。
 実際に着くと、「ドラゴンクエストの勇者が旅立つシーンだ」思いました。
 そんな訳で、第3位です。

今年は、6月までは短距離ツーリングだけでしたが、
北海道に行った後は、長距離ツーリングへとシフトした年となりました。
バイクも400cc~1000ccへスワップ。
ブログも始め、デジカメも買い、ツーリングの幅を広げた年と言えます。
こんな感じで、今年を閉めたいと思います。

では、良いお年を!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト



寒いんですけど、奥多摩湖ツーリング

お疲れさまです。
急に寒くなりました。最高気温6℃です。
特に目的が無いのですが、ブラブラと奥多摩に行ってきました。



奥多摩は昨夜の寒さで、雪があちらこちらに見られます。
都民の森は、雪のため閉鎖されていました。
そのため、奥多摩まで来たので、奥多摩湖まで行きました。

奥多摩湖までの道のりは、所々、濡れていたので、神経を使いっぱなしです。
何時ものフル装備でも、足の太ももが冷えて長時間乗るのが、辛かったです。
そんな中、郵便局員は、颯爽とバイクで走っていらしたので、感動しました。

今回は、適当に走っていたので、道順は不明です。
次回、ツーリングは、来年に持越しです。

一年の締め・成田山参拝ツーリング

お疲れさまです。
年末年始は、千葉県は成田山新勝寺にお参りに行っています。
厄年の3年から毎年通っていますが、幸い怪我も無く無事に過ごせているので、効果あると思います。
という訳で、早速、護摩を持って出掛けます。

自宅出発(大宮)09:00 総走行距離8342km
・昨日の夜、雨が降って寒くなったので、道が凍っているのか心配しました。
 ↓
国道122→東北道・浦和IC→首都高速→東関東自動車道・湾岸幕張PA 10:17
・前回来た時は、2時間半掛かりましたが、今回は、1時間20ぐらいで着ました。
 案外、ハイペースで走りました。


 ↓
成田IC→国道295→国道51→成田山新勝寺 11:06
・来年の準備がされています。
 毎年、護摩を焚いて貰っていますが、いろいろと面白い事が起こります。
 パソコンで護摩は、管理しているので受付を済まして一時間ぐらい待てば受け取れるのですが、
 一昨年前は、パソコンが壊れたようで、新年早々、参拝客が喧嘩越しになっていました。
 来年は、裏側から回って郵送にしてもらう予定です。


 ↓
国道51→国道408→県道68→県道34→牛久大仏 12:24
・好きな大仏があります。牛久大仏です。
 120mの高さがもある大仏が、茨城の田園風景の中にポッツとあるのが可笑しいです。
 ちなみに、ゴジラよりも大きいです。
 前回の大仏繋がりで寄ってみました。
 31日の夜はライトアップと、00:00に打ち上げ花火を上げるそうです。


 ↓
県道34→県道68→国道408→筑波大学付近
・交通規制をしているなと思ったら、第6回全日本大学女子選抜駅伝をやっていました。
 それとは知らず、ただ、走りさっちまいました。残念です。
 ↓
国道408→国道125→県道14→県道42→筑波神社 14:04
・ちょうど行くと、「ガマの油売り口上」をしていました。
 見ていたのが、カメラを持った僕一人。見てるこっちが、ドキドキしました。
 口上は、フウテンの寅さんを思い出させます。


・筑波神社です。今日は、閑散としています。
 頂上には、ロープウェイか徒歩で行けます。ハイキングに最適です。


・筑波スカイラインを走ろうか迷いましたが、何となく帰ります。

県道42→県道14→国道125→国道4→県道3→鷲宮・百観音温泉 15:50~16:30
・ここの所、忙しいので、体を休める事を考えて百観音温泉に寄ります。
 家では、シャワーだけですので、湯に浸かると気持ち良いです。


 ↓
県道3
 ↓
自宅着 19:21
走行距離   280km
総走行距離 8622km

成田山に行く帰りは、このコースで何時も帰っています。
松戸・野田あたりで混むので、遠回りでも茨城方面のほうが、案外早く帰れます。
正し、殺風景ですのでスピードの出し過ぎに注意が必要です。

今年も、後僅かとなりました。
まだやり残した事と言えば、年賀状作りです。
せっかくデジカメを買ったので、題材を取りに出掛けたいと思います。

最後に、本日のベストショット。「大仏とバイク」


12月の日光ツーリング

お疲れさまです。
今日は筑波山に行く予定でしたが、変更して日光に行ってきました。
12月OFFシーズンの日光。
ブログやホームページで行った人の記録が、ほとんど見当たらないので、
無難に筑波山に行くより、日光の方が面白そうなので行ける所まで行きました。

自宅出発(大宮)09:24 総走行距離8016km
・暖気からスタートです。
 朝の儀式として、マフラーから蒸気が出なくなるまで暖めます。


 ↓
県道2→県道65(日光御成街道)→国道4→県道267→国道4(バイパス)
・バイパス辺りで、筑波山に使用か日光に行こうか迷う。
 朝の天気予報で来週からスキー場に雪が積もる事を思い出し、今日は大丈夫だろうと思い決定。
 ↓
国道4(バイパス)→県道46→宇都宮市中央卸市場前 11:30
・宇都宮に着きました。
 途中、すごい濃霧で景色はダメかと思いました。こっちに来たら、快晴です。
 餃子が有名なんですが、バイクで来るとそれらしい店が見当たらないので不思議です。


 ↓
宇都宮駅前→国道119(日光街道)→途中・ファミリーマート 12:13
・昼食です。
 山を見ると雪化粧していたので止めようか考えました。
 対抗車線から赤のGSX-Rが走って来たので、行けると確信!


 ↓
国道119→日光市内 12:46
・何時もだったら渋滞している所が、ガラガラです。
 男体山を見たら行けるか不安になります。


 ↓
国道119→国道120(日本ロマンチック街道)→いろは坂・入口 12:58 
・案外路面が乾いていたので、ここに来るまでは楽でした。閑散としていて静かです。


 ↓
第二いろは坂(海抜1173m) 13:09
・結構、濡れています。よく見ると、塩カルが撒かれています。ゆっくり、慎重に走ります。
 日本の道・百選のいろは坂。他の道を調べて走破したいです。
 写真は、標識と、下を見る所です。第二いろは坂が見えます。





明智平 13:15
・駐車場が、ガラガラです。
 好き放題に止めて、写真を撮りました。





 ↓
国道120→中禅寺湖 13:24
・あまりに奇麗だったので、思わず駐車して撮りました。神秘的です。



 ↓
国道120→二荒神社中宮 13:27
・何時も来ると、ここに立ち寄ります。
 看板に「パワースポット」と大きく書かれてるのが面白いです。


 ↓
国道120→竜頭滝 13:39
・小学生の修学旅行以来、2度目です。
 その時は、大雨の後で水が溢れていて、何が竜の頭だか解らなかった記憶があります。
 今日は、観光客が僕一人。じっくり、眺めました。確かに、竜の頭です。


 ↓
国道120→戦場ヶ原 13:49
・静かです。ほとんど車が通らないので、かえって怖くなります。
 金精峠が12/25の正午まで開通しているそうです。
 今回は雲域が怪しく、日が暮れると帰れなさそうなので、帰ります。




 ↓
国道120→第一いろは坂 14:08
・いつも、渋滞のすり抜けの事ばかり考えて走っていたので、風景を楽しむ余裕がありませんでした。
 第一いろは坂の風景を、改めて堪能した下り坂でした。



 ↓
国道120→国道122→道の駅・富弘美術館 14:55
・同じ道を戻るのもつまらないので、足尾銅山に抜けます。
 写真は、草木湖から撮った赤い橋です。静かな場所ですので、夏に避暑地として来ようと思います。



 ↓
国道122→国道50→佐野藤岡IC(東北道)→岩槻IC→県道2
・佐野厄除大師に寄ろうかと思いましたが、時間が遅いので、パスしました。
 岩槻に着いてからは、錆びると困るので洗車場で、水洗いしました。
 ↓
自宅着 17:46
走行距離   323km
総走行距離 8342km

今回のツーリングは、夏と冬でここまで違うのかというのを見れたので、とても面白かったです。
例年ですと、雪が降っていて、とても乗れた物ではないです。
他の人が行かない所に行った達成感はありますが、
暖冬のお陰と、たまたま休みだっただけの事で、ロードバイクでは行かない方が無難だと思います。

装備品のホットグリップ。冬の行動範囲を広げるには、最適のアイテムです。
去年までケチてた自分がアホらしいです。オススメします。

最後に、戦場ヶ原での写真です。


南房総海岸ツーリング

お疲れさまです。
だんだん、寒さがキツくなってきました。
冬のツーリングは場所が限定されるので、ちょっとでも楽しく走れる所に行きたいです。
という訳で、今回はまだ暖かい千葉県は、房総に行きました。

自宅出発(大宮)08:20 総走行距離7625km
朝起きたら、霜が降りていました。バイクも凍っています。


 ↓
国道122→東北道・浦和IC→首都高速→東関東自動車道・湾岸幕張PA 10:01
大きなネズミさんは、人気ものです。流石に、平日は混まずに来れました。


 ↓
市原IC→国道297→養老渓谷→県道178途中
キリ番です。7777km達成!


記念にも、もう一枚。


 ↓
国道128→安房小湊駅近くのコンビニ 12:07
昼食です。ここに来ると本当に冬なのか?と疑いたくなります。


 ↓
国道128→道の駅・鴨川オーシャンパーク 12:33
特に休憩する訳でもなく、立ち寄りました。良い天気です。


 ↓
国道128(外房黒潮ライン)→国道410(房総フラワーライン)→
県道257→州崎神社 13:28
海岸線沿いは、ぽかぽかで気持ち良いです。ほとんどノンストップで走れました。
途中、安房之国一宮の文字が見えたので、眠気冷ましに参拝しました。


神社からの景色です。誰もいませんでしたが、静かで良い場所です。



県道257→県道302→崖観音 14:03
とことこ走っていると、気になる物が見えました。
崖観音です。


観音様から見た景色です。ここも高い所にあるので、見晴らしが良いです。


観音様は、十一面観世音菩薩が祀られています。


 ↓
国道127→金谷港 14:54→久里浜港 16:00
普通に高速で帰るのもつまらないので、フェリーで久里浜に行きます。
乗車賃は、750cc以上で1970円です。
15:30発のに乗るので、びわソフトを食べて待っています。


ガッツリ固定されるバイクです。


フェリーの中で、熟睡してしまいました。
久里浜港で撮った、かなや丸です。


 ↓
県道210→観音崎 16:37
観音つながりで、観音崎に寄りました。
タバコを吸いにわざわざ来る、年配の方がいました。
この辺の人たちの癒しのスポットみたいです。


 ↓
国道16→馬堀海岸 16:48
ここの海岸線はお気に入りです。ライトスポットが、きらびやかで奇麗です。
直線道路スピードを出しやすいのですが、ネズミ取りをしているので、注意です。


 ↓
国道16→本町山中道路→横浜横須賀道路・横須賀IC→首都高速湾岸線→
首都高速→首都高速大宮線
 ↓
自宅着 19:19
走行距離   406km
総走行距離 8019km

想像以上に楽しめたツーリングになりました。
仕事の関係とは言え、平日に出かけるのが一番良いです。
今年は、後一回ツーリングが出来たら良いなと思います。

グリップカバー

お疲れさまです。
これから寒い季節になります。防寒対策のアイテムです。

最近は見かけなくなりましたが、イエローコーンのグリップカバーです。
真冬の朝一番の通勤に重宝しました。
これが無いのと有るのでは、雲泥の差です。

難点があります。
操作性が悪くなるのと、一度、手を入れると脱ぐのが億劫になります。
必然的に、肩が凝ります。

メーカーさんに要望です。
カッコ悪くても良いので、もう一回り大きい物を作ってほしいです。

ちなみに、グリップヒーターとの相性は、抜群です。
こたつに、手を突っ込んでいるみたいです。



お散歩・氷川神社と大宮公園

お疲れさまです。
久しぶりの休みですが、生憎の雨。今年は、雨の神様に好かれているようです。
今日は、運動不足の体を動かすため、お散歩に出ようと思います。
ついでに、我が街を紹介したいと思います。

まずは、氷川神社の鳥居です。
最近、新しく作り変えたので、とても奇麗です。



氷川神社内の神社です。
某先生の夢の中に出て来た神社です。裏側に白蛇の巣穴があります。



氷川神社正面と境内の写真です。
境内の周りの木を抱きしめている人が、時々、居ます。何かあるのかも知れません。




神社から外周を歩くと、NACK5スタジアムに行きます。大宮アルディジャの本拠地です。
東京オリンピック時、サッカーをした歴史ある場所です。



連なって、大宮球場と大宮競輪場があります。
大宮球場は、毎年、甲子園の熱き戦いが行われます。応援するのが楽しみです。
横にあるのが、大宮競輪場です。中年のオッチャンの熱き戦いの後を見かけます。




次に、大宮公園です。
遊具と動物園があります。子供の頃は、良くここで遊びました。




県立博物館です。
博物館は、とても静かで勉強するに最適です。



大宮公園正面です。
大宮公園はサクラの名所で、上野公園並みに人で賑わいます。



近所、お散歩コースです。
お出かけする時は、ちまちまと紹介したいと思います。

旅先でのチェーンの注油

お疲れさまです。
長距離ツーリングに出かける際、気になるのが消耗品のメンテです。
メンテナンスフリーのバイクでも、オイル交換とチェーンへの注油は、欠かす事ができません。
怠ると、どうなるのか?と言うと、悲しい事になります。

3000kmを超えるようなロングツーリングでは、オイル交換のための店を前もって探しています。
正し、チェーンは500kmも走ればオイルが無くなってしまうので、注油しなければなりません。
今回は、旅先でのチェーンの注油について紹介します。

僕は長距離を走る場合、これを携帯します。


普段はスプレータイプを使用していますが、手が汚れるのが気になります。
布で拭き取った際、手についたオイルを落とすのが大変なんです。

このウェットタイプのオイルは、チェーンのコマの上に一滴一滴付けるだけで済みます。
中にインジェクター(注射器)が入っているのですが、使わなくても大丈夫です。
初めて使うと、一滴で大丈夫なのかと思うかもしれませんが、
走った後チェーンを見ると不思議と潤っているので、効果はあります。
また、洗浄効果もあるようで、ピカピカになります。

大量に使うと、オイルパンの辺りからオイルが滴り落ちます。
「オイル漏れか!」とビックリした事がありました。
また、オイルが飛び散るので、帰ったら洗車をオススメします。

一滴のさじ加減さえ解れば、これほど楽な商品は無いと思います。

名栗村・鳥居観音ツーリング

お疲れさまです。
お休みの日に天気が悪いと、テンションが下がっちまいます。
雨に降られる前に、お出掛けします。

自宅出発(大宮)09:13 総走行距離7464km
 ・サスのセッティングを標準に戻します。
  11月からサスをいじっていないので、標準の乗り味を思い出すためです。
 
 ~ビックマシン12月増刊号のサスセッティングの感想~
  長距離運転しても苦には、ならなかったです。安定性が高いセッティングです。
  外観からは、Fが明らかに沈んでいない、タイヤを隅まで使いきっていない状態でした。
  バイクを積極的に動かす人には、向いているかもしれませんが、
  僕の運転はバイクなりに曲がっていたので、いまいち、もっさりした感じがしました。

 ↓
国道16→県道15→県道70→県道53→鳥居観音 10:51
 ・秩父へは、いつも国道299を使うのですが、今回は県道を使いました。
  県道53は名栗渓谷を走る道です。
  久しぶりに走ったのですが、交通量がほとんどなく、快走で走れます。
  走っていると、鳥居観音の看板があったので、立寄ました。


 これが、鳥居観音です。県道53を秩父方面に走ると、右側の山の上に見えます。
 大きいので、すぐに判ります。茨城の牛久大仏もそうですが、なぜ、大きくするのか気になります。



観音様を背にした写真です。
高い山の上にあるので、名栗村が見渡せます。
曇り空から見える光が神秘的です。


途中の休憩所から撮りました。ここに来るまでが、すごい坂道で、初めて1速で上がりました。
 ↓
県道53→国道299→道の駅・あしがくぼ 11:27
 ・県道53の定峰峠(正丸トンネルの上を走る道)は、走りのスポットになっています。
  奥多摩で走っている人は、ぜひ、走って見て下さい。
  今日は、白バイが前に走っていたので、そのまま国道299へ抜けました。
  道の駅・あしがくぼで、昼飯です。
 ↓     
国道299→県道82→県道11→国道254→国道17
 ・今日は、レギュラーで109円でした。年明けには、100円ぐらいになって欲しいです。
 ↓
自宅着 13:56
走行距離   161km
総走行距離 7625km

何とか、本降りになる前に帰って来れました。天気予報の時間通りです。

サスを標準に戻したら、こんなに倒し込めるのかというぐらい軽やかに倒せました。
今まで、荷物があったのを考慮しても、印象がガランと変わりました。
標準は動かないという印象でしたが、7000kmも乗た後では、こんなに動いてるかと思えます。
思うに、ヤマハのバイクは、すべての慣らしを相当しないと駄目だと思います。
ホンダとヤマハのバイクの違いは、ここだと思います。
これから、長い付き合いになるので、楽しみです。
サスは、気持ち良く走れたので、しばらく、このままで。