2009年01月 - ブリブリモンキーの冒険
FC2ブログ

No.5 わるいやつら 上・下 作・松本 清張

お疲れさまです。
今回、読んだ本は、松本清張の「わるいやつら」です。
ちなみに、同時期の作家は、太宰治です。対照的です。

松本清張と言えば、テレビドラマのサスペンスを思い浮かべます。
北野たけし主演で暗いイメージがあるため、僕は見た事がありません。
作家としては有名であるけれども、古典もしくは固いイメージのため手に取らないのが常。
今回、生誕100周年の記事を何かで見たので、自分自身カッコつけるため読みました。

今までの本は、10代で考えられる男女関係ですが、
「わるいやつら」は、20代社会に出た後の人間関係を、実にリアル艶かしく書かれています。
いわゆる「良くある話」ですが、ピンポイントの話には参ります。

この本を分類するとしたら、サスペンス・ミステリー・ホラーの三つに当てはまります。
まず、サスペンスとして、表紙絵にもあります通り医者が題材です。
医者の権威と信用を利用した犯罪が行われるかもしれないという提示。
人間なら間違えがあるかもしれませんが、有りそうシュチュエーションがたまりません。
ミステリーとしては、驚かせてくれます。
下巻の最後100ページの真相は、読んでいて爽快です。
最後のホラー。
現在進行系で進む、何とも言えない不安感を味わえます。

感想として、
「わるいやつら」と題にありますが、人間の本質として誰が本当の悪い奴なのか考えちまいます。
松本清張が想像以上に面白く、本当に昔の作品なのかと疑っちまいますが、
僕が社会に出てリアルだと感じる事からすると、当時と今の人間関係は、同じなんだとも思います。
機会があれば、また松本清張を読みたいです。オススメです。




スポンサーサイト



佐野・佐野厄除大使に行くツーリング

お疲れさまです。
午後から雨が降るかもしれないとの天気予報。南関東は雨マーク。
どこに行こうか迷っていましたが、日光のライブ映像では、くっきり晴れていたんですね。
「それじゃ、日光に行こう!」と重い腰を上げました所から始まります。

自宅出発(大宮)09:39 総走行距離10295km
・なんだかんだで中型免許取得。これが不味かった。免許があると、どうしても欲しくなるんです。
 バイク雑誌の中古車情報を調べる日々。ある日、上野のバイクショップに出掛けました・・・。
 ↓
県道3→国道122→道の駅・はにゅう 10:58
・国道4で日光を目指すのも面白くないので、国道122で下ります。
 今日も寒い日で、トイレ休憩します。


 ↓
国道122→?→県道7→佐野厄除大使 11:42
・国道122が凄い渋滞で時間を食っちまい、モチベーションが下がります。
 佐野まで来たので、厄除大使に寄ることにしました。


・丁度、御護摩を焚いている時間のようで、賽銭箱からでも火が見えました。
 それと、カメラマンが参拝者を撮影してました。テレビで放映されるかもしれないです。
 ↓
国道50→道の駅・みかも 12:19
・佐野藤岡ICから家に帰ろかと思いましたが、先日のETC代が頭をかすめ、却下します。
 少し走った所に道の駅があったので昼食です。けんちんそば・680円です。


 ↓
国道50→県道11→県道9→道の駅・きたかわべ 13:04
・ここで、厄除大使のご利益があったようで。
 昨日、テレビで放送されていた県境の道に遭遇しました。


・この県道9は、群馬→埼玉→群馬→栃木→埼玉と1.5km以内で跨いでいます。
 看板に注意していると、ばんばん変わって行くので、面白いです。


・道の駅・きたかわべを目印にすれば、ここに着きます。
 ↓
県道9→国道4→国道125→県道3→県道152→鷲宮神社 13:42
・帰りがけ鷲宮神社に寄ります。
 鷲宮神社は関東最古の社ですが、今はアニメの方で有名になっています
 絵馬を掛ける所で、テレビの取材がされていました。アニメキャラの絵馬には、驚くものがあります。


 ↓
県道3
 ↓
自宅着   14:39
走行距離    135km
総走行距離 10430km

楽しい事はあっという間に過ぎ去りますが、冬のツーリングはカライです。
これから、梅や桜の開花シーズンになりますので、
それまでに、カメラの腕を上げたいと思うこの頃です。

長瀞・宝登山ロウバイ園ツーリング

お疲れさまです。
2週間ぶりのお休みで嬉しくなります。
今日は長瀞の宝登山ロウバイ園に行ってきました。
情報元は昨日の朝刊です。新聞記事からというのも可笑しいな話ですが。

自宅出発(大宮)09:38 総走行距離10063km
・いざバイクを購入となると資金が問題になります。学生だと100万円が限度。
 中型免許取得だけでも10万円かかるので、アルバイトで一苦労しました。
・リアのプリロードを5にします。ハードにするどうなるのかしら?
 ↓
国道16→県道15→国道299→道の駅・あしがくぼ 11:21
・国道299の気温が4℃を表示してました。今日は寒いです。
 秩父で昼飯を食べようと思いましたが手前で昼食です。カレーライスです。


 ↓
国道299→県道37→県道279→両神山登山口 12:34
・小鹿野町がバイクの町おこしをしていると聞いたので寄り道します。
 途中の看板に両神神社を発見!両神山登山口に向います。
 県道279は狭くて道が荒れているので、面白くもなく登山口には民家があるようでUターン。


 ↓
県道279→県道37→道の駅・両神温泉薬師寺の湯 13:00
・3時間バイクに乗ると体が冷えて寒いです。そこで薬師寺の湯に入りに行きました。
 道の駅に行くとバイク用の駐車場がありました。真新しすぎて目に痛いです。
 その前で写真を撮っているライダーが居たので、邪魔にならないように奥に駐車。
 ここの湯はヌルヌルする温泉でお肌に良さそうです。赤切れの手が治ってくれれば幸いです。


 ↓
県道37→国道140→宝登山ロープウェイ 14:40
・体が暖まった所で宝登山に向います。
 ロープウェイ乗り場前の駐車場に駐車。バイクは200円です。
 ロープウェイ代は往復720円。30分置きに出発します。


 ↓
ロウバイ園 15:08
・思ったより人がいます。昔話に出てくる仙人が住んでいるようです。


・ロウバイは始めて見ましたが、なかなか奇麗です。


・2月~3月は梅が見頃になるそうです。また、訪れようと思います。
 ↓
宝登山神社奥宮 15:15
・山頂にはロウバイ園の他、動物園と奥宮があります。
 どこの奥宮も風格があるのですが、売店のおばちゃんと薪で所帯染みた感じがします。


 ↓
ロープウェイ→宝登山神社 15:45
・最後、宝登神社に参拝です。ここに駐車すれば無料でした。
 工事中で中に入らず仮設された所で参拝しました。


 ↓
国道140→国道254→?→国道17
 ↓
自宅着   18:09
走行距離    232km
総走行距離 10295km

気温が上がらないと我慢比べのようで辛いです。
ホッカイロを使用しないようにしているのですが、気持ちが揺らぎます。
目的地以外にフラフラする癖が出ちまいますが、これもまた一興です。
どうも明日、天気が悪いようなので、どうしようか迷ちまいます。

朝のお散歩・第二公園の梅林

お疲れさまです。
朝、起きたら太ももが、筋肉痛。
夜にゆっくり風呂に浸かれないのが原因かと思う、今日です。

いつものウォーキングです。
おもしろ物は無いか、デジカメ持ってブラブラします。

大宮公園のちっさな滝です。
何か思う事も無く、何気に一枚です。



野球場の方に歩いて一枚。
西尾維新の戯言シリーズに登場する哀川 潤。
彼女はシニカルな笑いをしますが、シニカルて何?と思ちまいます。
シニカルを表すと、こんなのではないでしょうか。



とっとこ歩いて第二公園です。


足下を見ると、霜柱が。まだ、春は遠そうです。



梅林に行きます。
全体的に、まばらに咲いています。
一眼レフカメラを持ったオッチャンたちが、撮影してました。





まばらの梅林ですが、すでに満開になっている梅も。



今日の新聞では、長瀞の宝登山ロウバイ園が満開になっているとの事。
いよいよ明日からお休みですので、出掛けようか迷ちまいます。

秩父・満願の湯リフレッシュツーリング

お疲れさまです。
最近の天気は、暖かくなったと思ったら急に冷えたり・・・。
また、お仕事が連続で入り、なかなか休みが取れずイライラする毎日です。
ネガティブチックな、この頃。
本日も夜からお仕事ですが、空いている時間こっそりツーリングです。

自宅出発(大宮)08:24 総走行距離9891km
・あこがれのバイクは、何ですか?僕は、ZⅡだったりします。
 乗り始めるきっかけが、後輩のゼファーZⅡ仕様。カッコいいと思っちまったんですね。
 ↓
国道16→国道254→国道140→?→満願の湯 10:16
・国道299が凍結しているだろうと思い長瀞方面から行きます。

・国道16から見えた富士山は、奇麗で写真を撮るべきだったとちょっと後悔。
 
・国道254・140は空いていてガンガン走れました。

・丁度、体が冷えた所で満願の湯です。
 始めて知ったのは、ラジオFM75.9。紹介していたの聞きつけ何度か通っています。
 ちなみに、美人の湯。お肌がツルツルになります。


・国道140から入る道が解りづらいので、始めて行く人は注意が必要です。
 始めて行った時は、何往復してたどり着きました

 ↓
満願の湯→秩父華厳の滝 11:01
・満願の湯から上ると、秩父華厳の滝に行けます。
 滝があるのは知っていましたが行くのは始めて。ちょっとドキドキします。


・何だか良く解りませんが、全国10位の滝だそうです。
 マイナスイオンがいっぱいの文章が癒してくれそうで期待しちまいます。


・思ったよりは小さいですが、滝の音しか聞こえず清々しい気分になります。
 夏は絶対に涼しそうです。椅子と本を持ってまったりと読書したいです。


・川の岩が凍っています。もっと寒ければ滝自体も凍ると思います。
 その時は、良い写真が取れそうです

 ↓
秩父華厳の滝→?→国道140→道の駅・ちちぶ 11:45
・今日は正丸峠で駅伝大会があるようで、12:00まで通行止めの看板を見ました。
 ちょっと早いのですが昼飯です。天ぷらそばと牛乳です。


 ↓
道の駅・ちちぶ→国道140→秩父神社 12:01
・秩父に来ると必ず寄る秩父神社。
 今日は七五三でいっぱいです。参拝するのに引け目を感じるのは、なぜでしょうか?


 ↓
秩父神社→国道299→県道15→国道16
・国道16でガソリンを給油して帰宅するのが、いつも。
 今日、珍しく出光のセルフで給油したのですが・・・。
 年会費無料のカードを作っちまいました。売り子のおばちゃんに押し負けました。
 ついでに野菜とイチゴ「とちおとめ」を無料でゲット!
 ガソリン代は、ばかにならないので良い機会だと思います。
 ↓
自宅着   19:00
走行距離    172km
総走行距離 10063km

ついに1万キロ突破!
この調子でガンガン走れれば良いのですが・・・。
先日、ETCとガソリン代の請求書が来ました。締めて、2万円!
なかなか生活が苦しくなりそうです。
本当に「働けど働けど我が暮らし楽にならず」です。

No.4 クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 作・西尾 維新

お疲れさまです。
寒い日が続き、なかなか仕事から解放されない日々です。
そんな訳で、早くも4冊目、読破しました。今年一年、何冊読めるのか楽しみです。

西尾維新の戯れごとシリーズ2巻目、クビシメロマンチスト。
侮るなかれ、本格的ミステリーです。
本格的ミステリーというのは、文章情報から読者が犯人を推理できる小説の事。
大概の推理小説は、動機までは予測がつきますが、犯行手段が曖昧になってしまいます。
つまり、不確定要素が多く、作者の意思と読者の考えに幅があるため、回答がいくつもでます。
そのため、変な違和感があったり、そんな訳ないと思ってしまうのが常です。
この戯れごとシリーズ。回答が納得いくもので、結構、好きです。

魅力的なのは、大学生の語り部である僕が、主人公。
周りに対しては、常に傍観者という態度の持ち主。
なかなか自分を見ているようで、そういう考えもあるかと納得する所もあります。
最近の若者の心理を読み解くには、良い本だと思います。

大体こんなところで、実は3巻は、すでに手元にあります。
正し、今読んでいる本が重いので、来月になるかもしれないんが、残念です。




No.3 創竜伝6 染血の夢 作・田中 芳樹

お疲れさまです。
今回、読んだ本は、創竜伝6巻。シリーズで読んでいる本の一つです。

この本を読むに至まで、長い経緯があります。
10年くらい前に、妹から創竜伝を薦められましたが、面白くないと一括したらしいです。
学生の頃、夜中に映画を見ましたが、話の筋が見えず良く解りませんでした。
社会人となって、同僚の先輩が田中芳樹の作品は、面白いとなって読み始めました。
人生で接点があるのですが、気付かないものだなと不思議に思います。

創竜伝の第1巻は、1987年発刊です。
読み始めた時、「ソ連」や「ローラースケート」といった言葉を見ると時代を感じます。
僕なんて、まだ5才です。読んで高度成長期の雰囲気を感じました。

おおまかなストーリーは、
竜堂家の4人兄弟が無敵の超能力者で、権力をかざした大人たちをコテンパンに倒す話です。
その暴れぶりは笑えるぐらい豪快で、アクション小説に分類できるかもしれません。
1~4巻が、1シーズンで、5巻が外伝。6巻から2シーズン目になります。

この本の好きな所は、物の道理の考え方・見方を変えられる所にあると思います。
大人に対する矛盾を代弁してくれてる所があるからです。
ここまで言って良いのかしらと思う場面もありますが、それが、創竜伝の醍醐味だと言えます。
また、歴史について教科書に乗っていないような事実も書かれているので、勉強になります。

6巻は、アメリカが舞台です。
竜堂家4兄弟がどのような暴れ方をするのかは、読んでのお楽しみで!
「あとがき」が凝っていますので、最後まで読む事をオススメします。




柴又帝釈天の寅さんに会いに行くツーリング

お疲れさまです。
午前中は寒くて、おこたの中から出られなかった僕です。
本当に寒いんですから!

今回のツーリングは、柴又帝釈天へ行きました。
何を隠そう「男はつらいよ」の舞台です。
今年で40周年記念になるらしく「おぉ~そんなになるのか」と改めて思います。
先日のツーリングの帰り、「矢切の渡し」の看板を見かけ寅さんを思い出しました。
大宮からも近いので午後からのツーリングにはピッタリです。

自宅出発(大宮)12:10 総走行距離9780km
・外は寒いです。昼飯を食べて支度しましたが、テンションは低いです。
 ↓
県道1→ライコランド 12:38
・物色です。メツェラーのZ6が前後29800円で売られているのが魅力的です。
 タイヤが大きくなると値段も上がるのでセールが狙い目です。


 ↓
県道1→国道298→県道1→国道14→市川駅前
・道に迷ってしまいました。
 葛飾大橋を渡って右と覚えていたのですが・・・。
 こんな時、秘密のアイテム・携帯電話です。
 マップを出すと現在地が出るので楽です。
 でも、方向がわからないので検索すること数回。位置確認です。
 ↓
国道14→市川橋→県道451→帝釈天 14:53
・バイク駐車スペースを探すのでグルグルと探索。帝釈天の門前に駐車しました。


・帝釈天商店街は映画の中そのもの!
 ここの風景見た事あると心の中で叫びます。




・ここが「男はつらいよ」で登場する「くるまや」こと「とらや」です。
 中はピカピカでイメージは違いますが、往年の貫禄があります


・帰りに「とらや」の団子をお土産に帰ります。


 ↓
県道451→市川橋→県道1→国道298→県道1→YSP東大宮 16:45
・YSP東大宮にオイル交換に来ました。
 エアフィルターとプラグも交換するつもりでしたが半年点検で交換することに。
 純正オイルは凄いです。
 オイル交換でフケが激変するほど軽くなりました。全くの別物!
 お見それしましたm(__)m。
 ↓
自宅着   17:30
走行距離   111km
総走行距離 9891km

ちょっとしたショートツーリング。
距離は行っていないのですが都会は渋滞で疲れます。
でも、未開拓の場所が所狭しとあるのも事実!
4月までは都会を攻めようと思います。

朝の散歩・氷川神社

お疲れさまです。
今日は、夜に一度起きるほど、寒いです。
朝飯食べて、動こうかと思うのですが、気持ちが乗らない。
何とか、朝ズバを見た後、いつものウォーキングに出掛けます。

氷川神社の池 08:57


池が、凍てます。
毛糸の帽子と手袋のフル装備でも寒いです。
氷川神社は、朝から忙しいようで、観光バスが早くも来ています。
ちなみに、ばあちゃんが、節分の福豆入れの手伝いを町内会でするそうで、朝から支度してました。

大宮公園 09:21


霜柱が立っています。
歩いていると、体が暖かくなるのですが、つま先が冷えて痛いです。
氷点下になるのは、久しぶりですので、仕事が休みで助かりました。

寒いとウォーキングも楽じゃないです。
学校を制服だけで通学していたと思うと、若いって良いなと最近思うこの頃です。

No.2 おぼろ隠密記~妖し小町 二 大奥騒乱ノ巻~ 作・六道 慧

お疲れさまです。

今回の本は、おぼろ隠密記の2巻目です。
時代小説ですが、ちょっとHなライトノーベルです。

江戸時代中期。田沼意次の賄賂政治の時です。
時代劇テレビでいうと、「大岡越前」頃か後ぐらいのお話。

田沼意次が、幕府の跡取りを操作して牛耳ろうとするのを、
昼は、老舗饅頭屋の娘・華月。
二人の友、平賀源内の姪・拓海と、宮本武蔵を崇拝する女剣士・暁良を従え、
夜は、妖かし・朧となって織り成すドタバタ時代劇です。

この本の好きな所は、
江戸時代の庶民の暮らしの様子・考え方を事細かに書かれている所です。
いわゆる江戸っ子の考え方。
流行ものに直ぐに手を出す。タダより高い物はないという考え方。
それに伴う行動について、へぇ~と思う所があります。

人にオススメするには、きわどい物がありまして、
僕は、R18指定ぐらいにします。
なぜなら濡れ場シーンは、女性作家ならではの繊細さが見て取れます。

この2巻は、最近流行の大奥を舞台に繰り広げられます。
読んでおくと、メモ知識が増えるかもしれません。

固い本を読んだ後のおやつです。
さくさく読めるので、また続刊を買う予定です。