2009年04月 - ブリブリモンキーの冒険
FC2ブログ

ダンロップ・ロードスマートのインプレ

ブログ村 バイク ヤマハ→押して下さい。

お疲れさまです。
約800km走ったので、タイヤのインプレを忘れない内にします。

ダンロップ・ロードスマート
・3月よりマルチプル構造を採用したモデルです。
 位置づけでは、スポーツツーリング。D221の上位モデルです。

D221(純正)との比較
・見た目。
 溝が深く、排水性が高そうです。
 触ってみると、新しいタイヤなのでプリプリしてます。弾けそうです。

・走行して。
 高速道路のつなぎ目の凹凸を、あまり感じることがありません。
 ミシュランのパイロットロードのように感じます。
 また、安定性も高く、6速9000rpmまで安心してスピードを上げられます。
 タイヤからのインフォメーションが良い意味で、ぼかされています。
 しかし、コーナーでは、D221より軽快感がありません。
 タイヤに重しを乗っけて押さえつけるように走っている感じがします。
 複合コーナーでは、「どっこいしょ。どっこいしょ」と切り返すイメージです。
 ハイスピードになった時、この重しが無くなる気がするため、攻める気にはなりません。
 
・タイヤの減り方
 先日の上越から東松山まで高速道路を、かなりのペースで走りました。
 その時、センター部分が、ぼろぼろと崩れるような事はありませんでした。
 目測で1万5000kmは、堅い気がします。

「コーナーリング中は、変な操作をしないで下さい」と言われる気がします。
ダンロップのツーリングタイヤの考え方が解ったような気がします。

こんな感じのタイヤです。
正直、ツーリング専用のタイヤを装着したかったのですが、
タイヤサイズ上、ダンロップではロードスマートしか選択しがありませんでした。
ですが、結構、満足しています。
値段的にも標準ですので、この辺が妥当かと思います。







 
スポンサーサイト



秩父・軽く流して芝桜を見たツーリング

ブログ村 バイク ヤマハ→押して下さい。

お疲れさまです。
なんだかんだで、今日はお休みです。
オイル交換して丁度3000km。交換時期です。
YSP東大宮が定休日のため、家でじっとしていれば良いのですが、駄目なんです。
ハガキを見れば、ライコランドのゴールデンウィークセールが開催されています。


それじゃ、オイル交換に行くかと、お出かけします。

自宅出発(大宮)12:49 総走行距離15678km
・CB750。言わずと知れた教習車。壊れない、扱いやすいで第一候補。
 80km/hまでは、いい感じですが、それ以降の伸びが400ccと同じかと。ちょっと不満です。
・FZ1。オイル交換です。大体、2ヶ月で3000km走破している計算です。
 まさか、ここまで乗るとは思わなかった。大型バイクは、楽しいです。
 ↓
県道1→ライコランド 13:13~14:30
・平日なので混んでないと思いきや、繁盛しています。世の中は、お休みです。


・今回のオイルは、マニアックなオイル。どうせ変えるなら、試して見たいのが人情。
 選んだのがこれ。バーダル「XG EXCEL 15W-50」。ディーゼルエンジンも可です。
 ※家に帰って見たら、粘度を間違えてた。後で、インプレします。


 ↓
県道1→国道16→?→国道245→県道11→定峰峠 16:12
・交換したばかりのタイヤがどんな感じか試しに来ました。
 でも、今日は、交通量が多くて駄目です。車のナンバーを見ると地方ばかり。しょうがないです。


 ↓
国道140→道の駅・ちちぶ 16:42
・ちょっと、休憩。
 タイヤインプレ用に写真を撮っていたら、妙な目線が・・・!
 家族連れの親子に変な目で見られちゃいました。お恥ずかしい。 


 ↓
国道140→国道299→羊山公園 16:52
・羊山公園の近くまで着たので、ついでに、芝桜を見に行きました。
 ラッキーな出来事が。
 開園時間が17:00までなので、警備員さんが駐車料金タダで停めさせて貰いました。
 ありがとうがございます。その心意気に感謝です。


・4種類の色が違う芝桜が、奇麗なグラディエーションを表しています。


・夕日を背に眺めていたかったですが、寒くなって来たので、退散します。
 ↓
国道299→県道15→国道16
 ↓
自宅着   19:24
走行距離    165km
総走行距離 15843km


おお、ゴールデンウェーク。といっても、騒ぐ程、お休みが無いんです。残念!
ライコランドのポスターを見ても、明日からイベントが各地で開催されるようです。
試乗会とか行ってみたいですが、まったりしてたい気も。
今の所、遠出する予定がないので、雑誌でも見て情報収集です。

ちなみに、オイルの粘度が間違っていても、普通に走っちまいました。
良かったのか、悪かったんか、3000km走り切らないとわからないです。


 

大宮公園・ランニング

お疲れさまです。
ウォーキングの欄を更新せず、1ヶ月になります。
お休みの日でも、暖かくなるとバイクでお出かけしちまうので、機会が激減です。
しかも、ランニングを始めましたので、事なおさら。
ランニング中の風景でも、カメラに納めようかと思いましたが、丁度良いバックが見つからず。
走るのは、ここ1ヶ月ばかり夜中に走っていたので、撮る物も無くです。
しかし、今日は、絶好の日本晴れ。バックを見つけ出し、久々に更新します。

氷川神社 09:08
・いい天気です。雲一つ無く、快晴です。
 まずは、参拝からスタートです。


 ↓
第二公園に向う道 09:19
・奇麗な花が咲いています。


 サルココッカという花だそうです。
 中国、ヒラヤマの5~6種類分布している、美葉の常緑低木。


 ↓
第三公園 09:29
・冬の時期は、何も無い感じでしたが、春の新緑の季節には、青々した芝生が茂っています。


 ↓
第2公園・ひょうたん池 09:48
・奥に、さいたま新都心のビルディング街が見えます。
 いい天気です。


 ↓
大宮公園・野球場 10:01
・春季高校野球を開催しています。
 入場料500円で、観戦できます。母校を探したんですけど、出ていないようです。



とっとこ走って、1時間走の終了です。
午後は、バイクのオイル交換に出掛けるので、丁度良い時間調整です。
時期的に、熱くもなく寒くもない季節は、実に良いです。

No.18 西の魔女が死んだ 作・梨木 香歩

お疲れさまです。
今日は、本格的な雨。昨日、遊びに行って来て良かったです。
溜まっていた本紹介も最後の一冊。
本当、直ぐにやらないと駄目です。

今回の本。「西の魔女が死んだ」。この本も映画になった感動ムービーです。
学校を登校拒否していた主人公が、外国人のおばあちゃんと暮らして、生活力を身につける話です。
このおばあちゃんが、いわゆる魔女。不思議な感覚の話ですが、良い作品です。

魔女というとアニメの悪者、怖いイメージがありますが、真相は違うようで。
元々は、薬草を煎じて病気を治すお医者さんと言った所でしょうか。
この薬草を使えば治るといった情報が、何代も積み重なって、伝わって行きます。
知らない人から見れば、若い人間が「スッパ」と治せば驚く筈です。
現代で言えば、西洋版の東洋医学の漢方みたいなものですね。

お医者さんの求める究極は、「不死の人間を作る事」にあるようです。
最近は DNAなんかで、クローンまで作れる時代。それでも、倫理の問題で座礁してしまいます。
人間の何処かで「死なない人間」に怖れが有るのでしょう。
また、死んだ人間の蘇生もホラー映画の定番の題材ですね。

しかし、死んだ人間の蘇生は、日本では案外、受け入れられています。
そんな筈はないと言いますが、葬儀で火葬する前に24時間、放置します。
なぜなら、時々、息を吹き返す事があるからです。
西洋では、どうしても受け入れられなかった事実です。
ゾンビとかは、埋められた人間が息を吹き返し、手なんか土から出して騒いだのでしょう。
そうすると、責任問題が発生します。最後に見たのは誰か?
当然、薬剤の知識ある人間。いわゆる魔女と呼ばれてた人たちに不審の目が注がれます。
それ故に、魔女裁判などが起こり、多くの迫害た事は、不幸な出来事だと思います。

最近、また、魔女の知識が生かされる時代となりました。
ハーブティーやお香でリラックスする事が注目を浴びています。
そう、もう貴方は、魔女かも知れないです。

本は、結構、面白いです。映画版も見て見たいです。

そして、何だかわからないけど上杉謙信を見て来たぞ②

ブログ村 バイク ヤマハ→押して下さい。

群馬・志賀草津高原ルートに行って来たぞ・・・そして!①の続きです。


なぜに、天地人。そして、上越。
当初の予定とまったく違う、気の向くままの旅になりました。

道の駅・北信州やまのうち→国道292 13:33
・まっすぐで広い道。両側に山間が見える所を走ると、長野に来たと実感します。
 この時の予定では、戸隠神社に参拝して、善光寺を見て帰る事にしてました。
 ですが、地図を持っておらず、感コンパスでトコトコと走ります。


 ↓
県道96→野尻湖 14:11
・県道で道を間違えました。気付いたら、野尻湖へ。
 初めて着ましたが、とても奇麗です。湖畔を回って、散策です。


 ↓
野尻湖湖畔→国道18→道の駅・あらい 14:39
・国道で道を間違えて、半ばやけに。
 ふと看板を見ると、日本海まで39km。それなら、行って見ようかと予定変更です。
 取りあえず、休憩と情報収集です。


 ↓
国道18→県道38→高田城址 15:09
・何となく、高田公園に寄ります。城址の見学です。
 着てみてビックリ。本丸址には、学校が立っていました。
 御三層を見に入って良い物か躊躇してしまいました。


 ↓
県道38→県道579→国道8→春日山城跡 春日山神社 15:41
・上越の名物は、上杉謙信かと気付き、城跡を見に行きました。


・春日山城跡に着くとまず目に付くのが、春日山神社。
 城の中に神社があるのには、驚きです。
 その横から、本丸址へ上って行きます。結構、心臓破りの坂です。


・やっとの思いで、本丸に着きました。
 難攻不落の城のようですが、生活していた人たちにとっては、重労働のような気がします。


・しかし、眺めは良いです。左手に日本海。右手に信州の山々。
 当時のお殿様は、どんな気分で眺めていたのでしょうか?


・上杉謙信の像がどこに有るのか探しちまいました。
 バイクを停めた丁度、目上でした。木が邪魔して見難い。
 ↓
?→直江津港付近 16:28
・春日山城址から日本海へ向けて走ります。
 直江津港横から記念写真です。
 天気が曇り空で、今にも雨が降りそうです。そうそうに退散です。


 ↓
?→国道18→上信越・中郷IC→上信越・横川SA 18:41
・バシバシ飛ばして、高速で帰ります。
 夕方の上信越の巡航速度には驚きです。
 FZ1で追いつくのがやっと。メガスポーツのバイクが欲しくなりました。

・横川SAまで飲まず食わずで、走り切りました。
 夕飯の味噌らーめんを食べて一服です。
 なぜだか、SA内に電車が飾ってあります。


 ↓
関越・東松山IC→国道246→国道16
 ↓
自宅着   20:38
走行距離    614km
総走行距離 15678km


気付いたら、日本海まで行っていました。
高速道路代も4100円とエラい出費に。又、節約しないと・・・。
まあ、それでも満足できたツーリングです。

次は5月。ちょっとした計画を建てていまして、現在進行中。
バイクで行く予定でしたが、車でのドライブで。
番外編のツーリングを予定しています。

群馬・志賀草津高原ルートに行って来たぞ・・・そして!①

ブログ村 バイク ヤマハ→押して下さい。

お疲れさまです。
今回は予告通り、志賀草津高原ルートに行って来ました。
我ながら頑張ったなと思います。何がって?
方向オンチ故に、道を間違えて、有らぬ所に・・・!
そんな訳で、今回も2部構成。本日中にアップしたい所です。

自宅出発(大宮)07:43 総走行距離15064km
・そして大型免許取得。免許を取るとバイクが気になる所です。早速、試乗会に出掛けます。
 まずは、ホンダから。候補は、CB750、CB1300、CBR1000。
・FZ1。ニュータイヤは、実にすばらしいです。
 パイロットロードとD221を足して2で割った感じです。詳しくは、後ほど。
 ↓
国道16→国道254→関越・東松山IC→関越・上里SA 09:13
・今日もバシバシ飛ばします。そして、上里SAで休憩です。


 ↓
上信越・松井田妙義IC→国道18→中軽井沢付近 10:08
・碓井峠もバイパスで、バシバシ飛ばします。
 若干曇り空で、気温11℃と寒い日です。草津の気温が気になります。


 ↓
国道18→国道146→国道406→国道292→道の駅・草津運動茶屋公園 11:01
・脇目も振らず、ひたすらに走ります。そして、道の駅で休憩です。
 前回、来た時の逆ルートです。榛名山経由より1時間早い気がします。


 ↓
国道292→天狗山第1駐車場 11:06
・せっかく草津まで来たので、温泉に入ります。
 今回は「西の河原 大露天風呂」です。ここから歩いて、6分くらい下ります。


 ↓
西の河原 大露天風呂
・入浴料金500円。川の中にあるような豪快な露天風呂。
 草津温泉の割には、ぬるいです。洗い場が無いので、気になる人は駄目かも。


 ↓
西の河原公園 11:50
・露天風呂から下ると、「西の河原」に出ます。
 ここが、草津のホームページにあるライブ映像の場所かと確認しちまいます。


 ↓
国道292→志賀草津高原ルート 12:09
・高原ルートは、思ったより雪が少ないです。毎年、この程度なのでしょうか?


 ↓
志賀草津高原ルート 12:17
・山田峠付近から見た渋峠です。この辺まで来ると、雪が残っています。


 ↓
志賀草津高原ルート 12:19
・さらに進んで、ようやく雪回廊になっている所に着ました。
 でも、みんなやる事は同じ。車を駐車して徒歩で歩いている人たちも。
 ブラインドコーナーで、あやうく轢きそうになりました。


 ↓
志賀草津高原ルート 12:25
・トンネルの所から一枚。周りの景色は、雪化粧で何とも言えないです。


 ↓
志賀草津高原ルート 12:28
・いよいよ長野県に入って、下って行きます。遠くにアルプス山脈が見えます。


 ↓
国道292→道の駅・北信州やまのうち 12:58
・ずんずん下って行て、道の駅で昼飯です。



こんな感じの志賀草津高原ルート。
平日の今日でも観光客が多く、休日に着たら大変そうです。
それでも、普段見れない限定の道は、格別です。
因に気温は、7℃。冬のブルゾンとオーバーパンツ。それに重ね着して正解でした。

第一部はここで終了。この後から道に迷って迷走します。
その話は、後ほど。

No.17 妖怪大戦争 作・荒俣 宏

お疲れさまです。
読書の感想をアップするのに溜まっているのが、後2冊。
「後でやろう」と先延ばしにすると良くないです。
そんな訳で、遅れながら今回の本を、紹介したいと思います。

「妖怪大戦争」。表紙絵の通り、映画になった作品です。
妖怪と付くからには、文字通り妖怪が出て来ます。
そもそも妖怪とは何か?幽霊とは違うのか?
そんな所を詳しく解説してくれる本です。

話上では、妖怪とは物が何年も立って物心付く事だそうです。
かの有名な安倍晴明は、妖怪を操り平安の時代を、牛耳ったとか。
歴史から想像力を働かせると、とても面白く思えます。

しかし、現代の世の中では幽霊の話は聞くけど、妖怪に付いての話は聞かないですね。
僕の勤めている所では、何を隠そう幽霊トークが普通にできる環境にあります。
なぜかというと、霊感の強い人たちばかりで、
「あそこで見た」とか「ここで足音を聞いた」とかの話をしらふで話しますから、出るんです。
見えない僕としては、「ああ、そうですか」といった所ですが、あるんですね。
でも、そんな人たちでも、妖怪を見た事はないそうです。
今の時代、妖怪はどうしているのか、追跡してみたい気がします。

妖怪について、予備知識的は話ですが、面白い本です。

洗車と傷発見!

お疲れさまです。
春の心地よい日が続きますが、後輩が結婚式をあげるそうです。
6年付き合って、ようやくゴールイン!。めでたいですが、当人は大変そうです。
結婚資金と生活に向けての準備金で、高級車が買える位のお金が動くとの事。
結婚には縁遠い僕としては、そういう物かと考えちまいました。

さて、昨日、夜勤で眠いのですが、明日の群馬の草津へツーリングに出掛けるので、洗車します。



・雨の日にタイヤを変えてから、放置。埃を冠って、いろんな所が汚れています。

・FZ1のミラーの付け根の部分は、水が溜まりやすく、立てて置くと乾きやすいです。



・フロントマスクにゴミが付いてるのかと、指で突っつきましたが、どうも様子が違う。
 よく見ると、下地が見えてました。
 この間、高速道路に乗った時、バチと音が鳴ったので、小石にでも打つかったのでしょう。
 あんまり気にしない所です。
 タンクが傷付くと、やる気が失せる僕としては、全然OKです。

この後、チェーンに注油して空気圧をチェックして、準備万端。
ニュータイヤの乗り心地や、志賀高原に風景がどんなのか楽しみです。
気になるのは、天気。今日の様に澄み切った天気である事を祈ります。
 

No.16 柳生忍法張 作・山田 風太郎

お疲れさまです。
本を読んでいるんですが、ブログに掲載するのに滞ちまいます。
気分が乗らない間に、実は、3冊分溜まています。
これはいかんと思い、久しぶりの更新です。

今回の本、柳生忍法張。
アニメ「Y十M」の方が有名かもしれません。
読むきっかけは、ブックオフの漫画コーナーで「バジリスク」を読み始めた所からです。
そこは中古本屋。最終巻が無かったので、原作を読んでやれと思い読み始めました。

予備知識です。
作者・山田風太郎は、もともと医者で小説を書き始めたのが、晩年。
特徴は、時代背景がしっかりと書かれ臨場感があること。
何でも、小説を書く前のした準備でけでも相当量のメモがあったそうです。
有名な「魔界転生」に登場する数々の武勇たち。
時間軸がずれないように、真の如く書かれているのには、心踊らされます。
次に、忍法。
忍法張シリーズには、忍者が使う忍術が数々登場します。
その忍法の生々しさは、医者としての知識が生かされ、説得力があります。
そして、現在ジャンプ等掲載されている漫画のストーリー原点。
多人数チームバトルの原点を築いた作者でもあります。
それぞれ敵味方、魅力ある技を持ち合わせ、死力を尽くして戦う姿は読んでいてハラハラします。
その辺は「甲賀忍法張」を読んで見ればわかると思います。

さて、話は戻って柳生忍法張。
主役は、柳生十兵衛。三部作の内の一つ。
同一人物とは、思えない節があるので、アナザストーリーのような気がします。
もともと「Y十M」を読んでいたので、頭に出てくる画は、アニメそのもの。
正し、主演者一人一人の心の中の心境については、やはり小説の方が上。
小説と漫画では、読み手の伝わり方が違うなと実感します。

この作者。好きな所がありまして。
エロチズムと言いますか、男心をくすぐる描写が多数あります。
以前、読んでいた「おぼろ隠密記」のサラッと感に比べ、ベトッリしてます。
風間風太郎の作品から時代小説に入ったので、僕の基準になっています。

オススメです!

タイヤ交換 ダンロップ・D221→ダンロップ・ロードスマート

https://bike.blogmura.com/yamaha/→押して下さい。

お疲れさまです。
今日は、夜勤です。
午前中、諸用事を済ませて午後、暇に。
タイヤ交換に一日潰れるのも癪なので、タイヤ交換に行って来ました。

レーシングマックス桶川店
・インターネットで「バイク タイヤ 安い」で検索。
 何店か候補が有りましたが、場所が今イチ解らず。 
 &タイヤの値段や予約が必要な所が、ほとんど。
 そんな中、レーシングマックス桶川店は国道17沿いと、僕に解りやすい一本道。
 値段を頭に入れて実際に行って来ます。

・店内は人気がなく僕一人。
 早速物色。ミシュラン・パイロットロード2やブリジストン・BT-21と並んでいます。
 で、目を付けたのがダンロップ・ロードスマート 4万200円前後(工賃込み)
 5万円を泣く泣く降ろしてたので、1万円余るこれに決めました。



・実際は、セール割引・工賃1000円引きの3万9700円。
 +4輪ブリジストン10%引き券を貰いました。とうちゃんにプレゼントです。



標準タイヤ D221のインプレ
・第一印象。溝が少なく典型的なスポーツタイヤというイメージ。
 1万kmでタイヤ寿命が終わるかと思いきや、1万5000km保ちました。
 FZ1の場合、フロントのサイドからスリップサインが先に出ました。
 リアタイヤは、楕円形になっちまいましたが、
 2万kmぐらいでスリップサインが出たかもしれません。
 静音性も高く、不愉快なバタツキ音がしないタイヤです。
 どちらかと言うと、堅く、路面のインフォメーションをしっかり伝えてくれます。
 雨の中では、
 普通に走る分には、問題が有りませんが、フルバンクに近くなると、若干滑る気がします。
 滑る感覚も、「お~」と思っても、スーと戻る感じですので、怖い感じはしなかったです。
 峠レベルで走るなら、バイクの素の特性を生かしきれる良いタイヤだと思います。

・装着後、自宅で撮影
 ロードスマートです。溝の切れ込みが鋭くカッコいい感じがします。
 D221の上位モデルですので、同じ感じで走れれば良いと思います。
 何分、雨&皮剥け前ですので、インプレはできませんが、楽しくなりそうです。
 足付きは、悪くなりました。前のタイヤがすり減っていたのが解ります。



レーシングマックス桶川店は在庫品の種類が少ないので、予約なりしていった方が良いです。
電話も入れず向いましたが、4輪のお客様の対応で2時間は待ちました。
でも、値段的に安く、また、ピカピカにホイルまで磨いて頂いたので、大変満足です。
会員カードも作りましたので、また、交換する際は、利用したいと思います。