2009年07月 - ブリブリモンキーの冒険
FC2ブログ

7/25 鈴鹿8耐決勝前日 サーキットを散策して来たツーリング・・・5

ブログ村 バイク ヤマハ→押して下さい。 

お疲れさまです。ようやく、これで最後です。何だか書く方で疲れちゃいました。

7/25 11:01 メインスタンド~

・メインスタンド
 2時間くらい掛けて、一周していました。
 8耐もいろんな所を歩き回りながら見れば、飽きずに最後まで見れそうです。



・スズキ ブース
 ちょうど、ヨシムラのトークショーをしている所です。
 失礼な話ですが、選手の知識が全くないので、誰?といった所です。



・駐車場 11:51
 お土産を買ったら、荷物が一杯になってしまったので、クロネコで宅配して貰います。
 一箱\1000円で、配達してくれます。
 バイクが所狭しと駐車しているので、出すのに大変でした。


 ↓
?→椿大神社 12:40
・鈴鹿サーキットの解説で、椿大神社を紹介していました。
 どうも近い場所にあるようですので、帰りがけに立ち寄ります。


 日射病気味で、参拝だけしてとっとと帰ります。
 次回、着た時に、ゆっくり見ようと思います。
 ↓
?→東名阪自動車道・鈴鹿IC→御在所SA 13:34
・どこがで見た事のあるSAだなと思ったら、御在所SAでした。
 昼飯を食べて、少しお昼寝です。


 ↓
伊勢湾岸自動車道→刈谷PA 14:38
・伊勢湾岸は、何だかしらないですが、強風で走行しづらかったです。
 何とか刈谷PAで休憩します。


 ↓
東名自動車道→浜名湖SA 15:10
・まだ、晴れています。
 何時、雨が降るのかドキドキです。


 ↓
東名自動車道→小笠PA 15:45
・眠気が限界に!走行中、夢の中に・・・。
 危なく事故を起こす所でした。ちょっと、PAで休憩です。


 ↓
東名自動車道→富士川SA 16:41
・また、雨が降りそうな天気になって来ました。
 レインウェアを引っ張り出して準備します。


 ↓
東名自動車道→駒門PA 17:28
・ここまで、雨に降られませんでしたが、ついに土砂降りに!
 コーヒーでも飲みながら、雨宿りです。


 ↓
東名自動車道→海老名SA 18:20
・海老名SAで、よい天気に晴れました。
 一人ずぶ濡れのバイクですので、ちょっと恥ずかしいです。


 ↓
東名自動車道→東京IC→環八通り→?
 ↓
自宅着   20:59
走行距離    902km
総走行距離 21780km



こんな感じで、鈴鹿8耐決勝前日を見に行きました。
来年は、休暇を取って行きたいと思います。

追記
・余りの日差しの強さで、肌が真っ赤に日焼けしちまいました。
 日焼け止め対策は、必須です。
スポンサーサイト



7/25 鈴鹿8耐決勝前日 サーキットを散策して来たツーリング・・・4

ブログ村 バイク ヤマハ→押して下さい。

お疲れさまです。
この頃、仕事場のへアコンが効き過ぎて、だるいです。
休憩時間に目をつぶると、20分くらい寝ちまいます。
何か活力が出る方法が無いか模索中です。

さて、前回の引き続きです。
7/25 10:12~11:00 国際南コース~メインストレートまでです。

・国際南コース 4MINIパラダイス
 西ストレートゲートの横に国際南コースがあります。
 ちょうど、「4MINIパラダイス」が開催されていました。
 改造モンキーのオンパレード!「ここまで改造するのか」と言うくらい傑作の集団です。
 一番驚いたのは、モリワキモンスターのようなフレームのモンキーです。
 モンキーの世界観は無限です。



・西ストレート 自由席
 ここは、本当に自由席です。おまけに、雑草は伸び放題。
 この道であっているのかと思いつつ先に進みます。



・スプーンストレート側、西ストレート
 ここの西ストレートは、バイクのスピードが早過ぎて、目が追いつかないです。
 4ストの甲高いエキゾーストノートを味わえます。
 一台、ドカティのLツインのドロドロした音を響かせていました。MotoGPも同じ音かしら?



・西ストレート~200Rへ抜ける道
 幽霊が出そうな感じのトンネルです。
 どうも、スプーンカーブ側は、まだ改修工事がされていないようです。



・2輪シケイン
 シケインといっても、連続コーナーの様に見えます。
 ここのフェンスには、撮影用に四角い枠が有り、そこから写真が取れます。



・スプーンカーブ
 レースゲームなんかでも、このスプーンカーブの攻略が難しいです。
 最初のブレーキング、ライン取りなんか本で説明してありますが、実際は・・・。


 実は、かなり高低差のある緩やかなカーブ。まるで、ループ橋のようです。
 コーナー全域が下り坂ですので、アクセルを開けられないのでは?と思います。
 この写真位置では、すでにアクセルOFFの状態。意外に静かな所です。

・ヘアピンカーブ
 誰が名付けたのかヘアピンカーブ。見たまんまです。
 テレビ中継だと山の奥の方かと思っていましたが、観戦客も多く、チェックポイントです。
 テグナー~ヘアピン~2輪シケインへは、峠の上り坂のような感じです。



・ヘアピンカーブ クラッシュ
 次に行くかと歩きながら、見ていると一台のバイクが・・・。
 キュキュと鳴ったと思ったら、フロントから切り込んで、ライダーが吹っ飛びました!
 痛そうだなと思いつつ見ていると、
 あっと言う間に、反対向きになったバイクをなおすオフィシャル。
 「イエローフラッグで大きいだな」と思っていたら、レースに復帰です。
 ライダー以外にも陰の立て役者のお仕事を生で見ちまいました。



・120R
 西ストレートから続く120Rです。
 縁石があるので、コーナーかとわかる位のカーブです。
 あまり難しくなさそうな感じですが、フルスピードで侵入した時はどうでしょうか?



・カシオトライアングル
 実は、鈴鹿サーキットの中で一番、驚いた場所は、このカシオトライアングル。
 この場所からは先が見えない位、下り坂になっています。



・カシオトライアングル 指定席裏
 指定席裏側は、鉄板で隠されていて見えません。
 ここまでしなくてもと思いますが、見所なのでしょう。



・最終コーナー
 思っていた通り凄い下り坂です。まるで、滝の流れのように見えます。
 来年、見る時は、カシオトライアングルにするか、メインストレートにするか悩みます。



・メインストレート
 写真で見ると、建物が斜めに建てられています。
 ストレートも下り坂なのかしらと、思っちまいました。


 この場所は、スプラッシュ観戦席と言う場所で、お姉さんたちが水を掛けてくれるそうです。
 ちょうど入れ違いに、お姉さんたちが入って行きました。右手にはウォーターガンが・・・。
 マジです。水を掛けられてもリアクションに困っちまいます。どうなったのか気になります。

・大観覧車
 レースのイメージより、ゴジラの映画で壊されるイメージの方が強い僕です。
 流石に一人で乗る程、好奇心はありませんので、下から見上げるだけです。



こんな感じで鈴鹿サーキットを一周しました。
テレビで伝えられないのは、高低差。今度、高低表も一緒に出すとわかりやすいと思います。
YouTubeの走行動画で、
ゲームのようにアクセルを開かないのかと、疑問に思ったことがありましたが、
改めて見ると、納得しました。

いよいよ、鈴鹿~埼玉へ帰りになります。
我ならがら、ちょっと飽きてきました。でも最後まで、頑張ろうと思います。

7/25 鈴鹿8耐決勝前日 サーキットを散策して来たツーリング・・・3

ブログ村 バイク ヤマハ→押して下さい。

お疲れさまです。
写真を一杯取りすぎて、どうしようか考え中です。
うまくまとめたい所ですが、ゆっくり進めようと思います。
今回は、
7/25 07:59~10:03 メインストレート~デグナー東出口までです。

・メインストレート
 指定席のため近くに行けませんでした。
 頑張って、リーダータワーだけは生で見ようと金網にしがみつきます。


・第2コーナー 自由席
 曇り空、どうやら雨は心配なさそうです。
 観戦者はどんな格好で来ているのかとチッラチッラと見ると、
 キャンプ道具、ビーチパラソルなんか用意して昼寝しています。
 海水浴場みたいですが、しばらくすると、その理由がわかります。


 第2コーナーには、大型モニターが着いているので、
 コントロールラインの様子が何となく解ります。
 モニターがなくても、実況放送が大きく流れているので、不便には思いません。


 しばらくすると、セフティーカーが走り回っています。
 その後、全車一台ずつ走りだして、スタートの準備です。
 そして、4時間耐久レースの開始です!!!


 第1~2コーナーは生で見ると、入口が下り坂で、出口が平坦。
 しかも、コーナー自体が、内側にカントが付いています。
 テレビで見た感じではわからないですが、テクニカルコースです。

・S字コーナーへ向う道
 自由席の裏側です。休憩所、売店、ミストコーナーがあります。
 この休憩所が重要です。なにせ、日差しが強くて暑く、しかも日陰の場所が無いんです。
 指定席の日陰が羨ましく思います。来年は絶対、指定席です。


・S字コーナー 自由席
 自由席からは、高い位置から見下ろせます。
 山を登ったような気がします。


・S字コーナーの中腹へ向う道
 途中から未舗装の道に変わりました。半ばハイキングです。


・S字コーナー中腹 自由席
 逆バンクからダンロップコーナーが見えます。
 目の錯覚かと思うくらい道がうねっています。


・逆バンク出口
 扇型に緩やかに登って、出口に向って下っています。
 ここから見る限りでは、ライダーからは先が見えないのでは?と思います

 
・ダンロップコーナー出口
 ここが一番近くで見えるポイントだと思います。
 この白いバイクが、1位か2位を走行しているバイクです。
 混戦するとわからないと思っていましたが、案外、わかります。


・テグナー東ゲートを抜けて
 「えっ!ここ通り抜けられるのですか?」と思わずゲートの係員に聞いちまいました。
 なにせ、一般道に出ちまうのですから、間違えたのかと思いました。
 てくてく歩きながら、西ストレートゲートへ向います。


こんな感じで、メインストレート~デグナー東出口まで歩きました。
ほとんどハイキングです。手に持ったジャンパーとリュックが邪魔でしょうがないです。

日陰がある場所には、テントを張って中で寝ている人もチラホラ。
レースはもっとワーワーするものかと思っていましたが、
こういう楽しみ方もあるのかと、見方が変わりました。

続きは、また後で!
 

7/25 鈴鹿8耐決勝前日 サーキットを散策して来たツーリング・・・2

ブログ村 バイク ヤマハ→押して下さい。

お疲れさまです。
急遽、お仕事がお休み。
この間の続きを書き書きします。
7/25 07:48~07:56の散策です。

GPスクエア
・GPエントランスを抜けた所です。ピットビルが、高々とそびえ建っています。
 入園時間直後ですので、人通りも少ないです。
 まず、左側のパートナーブースから見て歩きます。



ホンダ ブース
・去年の8耐優勝マシンや、市販車が展示されています。
 ですが、まだ準備中。閑散としています。



ホンダ世界グランプリ参戦50周年記念 特別ブース
・ホンダブースの向いにある特別ブースです。
 驚いたのは、60年マン島初優勝マシン(2RC143)。
 今のバイクより一回り小さいです。モンキー50をカスタムするなら、イメージはこれにします。



喫煙所
・「何かのブースかな?」と思ったら、喫煙所でした。お洒落です。



ダンロップ ブース
・ここも、まだ準備中。人気が少ないので、遠くから見ただけです。



コカ・コーラ リサイクルステーション
・ゴミ置き場です。自然環境に優しく、リサイクルしてくれるそうです。



NUTEC Japan co.,ltd. ブース
・オイルメーカーのブースです。立ち寄ることもなく、通り過ぎます。



ブリジストン ブース
・誰もいない。
 トークショーを開催するようで、時間を合わせれば見れそうです。



スズキ ブース
・トークショーのリハーサルをしてました。
 ここも、市販車の展示をしています。GSX-Rに股がって見ようかと衝動に駆られます。



JAF ブース
・JAFというと、車しか頭に浮かばないのですが、2輪にも対応しているようです。



コカ・コーラ ゼロ ブース
・遠くから、コカ・コーラのブースを見ます。
 一番の協賛社の看板を、あちらこちらで目に付きます。



MOTO MAX カスタムビレッジ
・1コーナーに向って歩くと、交通教育センターに着きます。ここで、MOTOMAXが開催されています。
 一番先に目に付くのが、カスタムカーの展示です。
 雑誌で見た事のあるバイクや、原型を止めていないバイクまであります。



こんな所で、メインストレート周辺のブースを見て回りました。
やっぱり不況なのでしょうか?数が少なく、寂しい感じがします。

この後、1~2コーナーの自由席で4時間耐久レースまで、しばし待ちます。
その続きは、また後で! 

7/25 鈴鹿8耐決勝前日 サーキットを散策して来たツーリング・・・1

ブログ村 バイク ヤマハ→押して下さい。

お疲れさまです。
日帰りで、鈴鹿サーキットへ行って来ました。
決勝を見たかったですが、お仕事の都合で前日のみの一日だけ。
それでも、初めての鈴鹿サーキット&レース観戦!ドキドキワクワクです。
今回は、来年の観戦のための資料に使用と思います。

自宅出発(大宮)00:15 総走行距離20878km
・パノリンオイルに交換で変わった事があります。バイクの音が小さくなりました。
 母ちゃん曰く、帰って来たのが解らなかったとの事。良いオイルだと思います。
 ↓
首都高速埼玉大宮線→首都高速→東名高速→海老名SA 01:38
・今回のツーリングの問題点は天気。梅雨ような陽気にゲリラ豪雨。
 大宮出発時は晴れていましたが、東京に入ったとたん雨が降り始めました。
 雨のフル装備で出発して良かったです。


 ↓
東名高速→富士川SA 03:08
・富士川SA入口でトラックとバスが衝突事故を起こしてました。
 そのため、渋滞が発生。予定より時間が遅れました。


 ↓
東名高速→牧之原SA 03:56~04:58
・牧之原SAで、ちょっと仮眠します。
 寝ずに出発しましたが、良い塩梅に疲れたので横になります。
 結局、ソファーの座り心地が悪く、少し寝ただけ。朝飯を食べて出発しました。


 ↓
東名高速→浜名湖SA 05:33
・牧之原SA出発時には曇り空でしたが、浜名湖SAで、また雨が降り出しました。
 レインコートを仕舞ったり出したりで、面倒くさいです。


 ↓
東名高速→伊勢湾岸道→湾岸長島PA 06:47
・順調に伊勢湾岸道に入り、PAで給油です。
 カスタムされたバイクが数台、ツーリングをしているようです。やっぱり鈴鹿に向うのかしら。


 ↓
伊勢湾岸道→みえ川越IC→国道23→県道41→鈴鹿サーキット・駐車場 07:36
・鈴鹿サーキットの案内通りの道順で行きます。
 四日市市内は、渋滞気味で走るのに気を使いました。
 そして、鈴鹿サーキットです。二日間通しで駐車料¥1000円です。
 すでに、バイクが駐車されています。ほぼ関西圏のバイクのようです。


・駐車したら、かまぼこ板をくれました。
 何に使うのか聞いたら、「スタンドの下に引いてくれ」との事です。


・鈴鹿サーキットは、バリバリサーキット色を出してると思っていましたが、
 遊園地のほうがメインのようです。
 一日だけ観戦の場合は、遊園地パスの紙を腕に巻き付けてもらいました。


・そして、お姉さんたちがお出迎えしてくれるメインゲートに突入です。



今日は、鈴鹿サーキットに着くまでです。
2時位に出れば、三重県ぐらいまでは何とか行けそうです。
でも、寝ないで出発するのは辛いです。
  

鈴鹿に行こうか迷う所です。が、ずぶ濡れ覚悟で出発します。

眠れない夜です。

久しぶりのお休み。
日帰りで鈴鹿8耐の前日、4耐を見に行こうと計画をしてます。
オイル交換もして、出掛ける準備はバッチシです。
だけど、気になるのが天気・・・。

局地的な豪雨。
天気予報の雨雲の動きを見てると、雨にぶち当たっちまいます。
強引に行くか、それとも辞めるべきか、判断に迷います。

2週間ぶりのバイク。
溜まっているフラットレーションを爆発させるには、お祭り的なお遊びも必要かと。
何より、鈴鹿サーキットに行きたいですし、レースを生で見たいという気持ちが強過ぎて、

眠れない夜です。

どうせ行かないのなら後悔しそうなので、
高速で行ける所まで行って、ヤバかったら引き返そうと思います。

それじゃ、荷造りして出発します。
せっかく洗車したばかりなので、本当ツイテマス!

ギアトロニックとオイル交換

ブログ村 バイク ヤマハ→押して下さい。

お疲れさまです。
2週間ぶりにバイクが帰って来ました!
これでもかという位、お仕事が続いてしまって、引き取りに行けなかったんです。
そんな訳で、取り付けたパーツがどうなっているのか楽しみです。

今回、取り付けたパーツは、
PZRacing 【PZレーシング】 GEARTRONIC 【ギアトロニック】 デジタル ギア インジゲーターです。


回転数と速度からコンピュータで認識、
ギアポジションが、ワンテンポ遅れるタイミングで表示されます。
(停止中にギアを上げ下げしても変化なしです)
バイク屋さん曰く、セッティング中に7速の表示も出たとか。


マジックテープで、パーツを固定。好きな位置に変えられるそうです。
箱に入っていたテープは、強力過ぎて壊しそうだという事で、
バイク屋さんで別途、マジックテープを用意して下さいました。

結構、アナログチックでいい加減な商品ですが、
メーター回りの雰囲気が、変わったので良かったのかな?と思います。

バイクも帰って来たので、ライコランドへオイル交換に行きました。
今回、交換したオイルは、
ストリート 4T シンセ 10W/40と添加剤ビーワンエンジンサプリメント (B1E)です。


オイルは、値段的に手の出る範囲で、使ったことの無い商品を選びました。
目に付いたのが、パノリン。
知らないオイルですが、店のオススメ。
しかも、100%化学合成オイルで、¥2520円の安さに引かれました。

次に添加剤。
2万kmを越えたので、お薬を投入しようと思います。
目を付けていたのがバーダルのB1Eです。
他の添加剤の約半額で変えるという安さ。
それと、オイル無しで巡航したという嘘か本当かの記事。
どうなるか、期待しつつ投入します。

で、交換後、帰宅するまでの乗り味は・・・・!
交換直後ですので、何とも言えませんが、
4000回転までは変わらずですが、それ以降の吹き抜けが鋭くなりました。
スロットルを開けていないのに勝手に加速して行くのに、本当ビックリです。
シフトタッチも若干、柔らかくなったような気がします。

明日、久しぶりの長距離遠征をするので、楽しみです。

東京マラソン2010に向けて!・・・計画進行中

お疲れさまです。
ウォーキングとランニングのコーナー。
後輩に「東京マラソンを走りましょう」の一声で、ランニングが本格的になって来ました。
なかなかアップできない状況ですが、東京マラソンに向けて、たんたんと進めています。

抽選に受かると仮定して、半年。
本当に42.195kmのフルマラソンを走れるのかドキドキしちまいます。
そんなに長い距離・時間を走ったことが無いですから・・・。
雑誌の記事を読む限りでは、ゆっくり走ればなんとかなりそうです。
ですが、死に物狂いで走りそうな予感もします。
目標として、余裕をもってクールに楽しくゴールしたいと思っています。

そこで、この暑い時期、目標を見失わないように、大会にエントリーしようと思います。
距離はハーフ!
前回10kmだったので、一気に倍の距離を走れるようします。
そう次なる目標は、
10月4日 INDY JAPAN サーキットマラソン&ハロウィーンラン・ウォークです。



本当はバイクで疾走したい所ですが、フルコースを自力で走って堪能して来ます。
そんな訳で今日も、大宮公園をフラフラと45分ほど走って練習終了です。



目標を宣言しとけば、頑張れる気がします。
あとは、休みが取れる事を祈るだけです。
10月4日、何もありませんように!

No.28 そのケータイXX 作・上甲 宣之


お疲れさまです。
昨日から積読で、3冊目になります。
休みの日にいったい何してるんだろうと思っちまいますが、
ゆっくりと読書に入り浸るのも、また楽しいです。

今回の本は、「そのケータイXX」です。この第1回ミス大賞作品です。
「XX 魔境伝説」で映画化されています。
僕の中では「着信アリ」のイメージと混同してしまい、ホラー作品かと思ってました。
しかし、読むとこれは、ミステリー小説。それも、ド級のアクションミステリー小説です。

内容は、恋人と別れ傷付いた女子大生しよりを、友人の愛子が傷心旅行に連れ出した。
そして、山里離れた怪しい村の旅館で、落とし物と思われるケータイが鳴り受話器を取ると・・・。
こんな感じで物語がスタートします。

ページ数543と分厚い本ですが、あと言う間に読み進んでしまいます。
前半戦は、ホラー。たんたんと怪談じみた世界間を構築します。
ですが、後半に入ってから、話が全く違う展開となります。
思わず「え!えぇ~!」と叫んじまいました。

あとがきで、パッチワークのような小説と書かれています。
パッチワークて何と思い調べてみると、
掲示板で複数人数が、小説を継ぎ足し投稿することで物語が進行させる物だそうです。
言われてみれば、そういう形式だと思います。
でも、技法うんぬんよりも、ストーリが斬新しすぎて、面白いです。

作者は、ホテルでベルボーイを勤めるかたわら、執筆活動をしているそうです。
小説家というと、崇高で別世界人間というイメージがありましたので、
仕事をしながら小説を書いている所に、もの凄く親近感を覚えます。
目標があれば成功するのだなと、思ちまいました。

今作品の続編があります。「地獄のババぬき」です。
珍しく続編を買おうという気になった今回の本。
オススメです。

No.27 13階段 作・高野 和明


お疲れさまです。
今日は、ダブルヘッターです。
一冊を読み終わった後、すぐに次の本を読破しちまいました。
我ながら暇人だ!と思いながら投稿します。

今日の2冊目「13階段」です。
暑くなって来たのでそろそろホラー系のお話でも読もうかと、ブックオフで物色。
題名が13階段。これは間違いなくホラー物だと買っちまいましたが、全然ちがいます。
ミステリー小説です。

作者・高野和明氏の作品の中に「幽霊人命救助隊」というのがあります。
自殺してしまった少年が、幽霊になって死にそうな人間を救う話です。
その自殺理由の大半が、酒・女・金、そして孤独。
どれもたわい無い事で死ぬな。誰かに話せ。危ないとおもったら精神科へ行け。
僕の中で特に精神科へ行くという考えがなかった時ですので、衝撃的内容でした。
そんな作者の作品である事を、表紙をめくって気付きました。

本の内容は、刑務官と前科の青年が、無実の死刑囚を助け出す話です。
ミステリー小説として、真犯人は誰か気になるところですが、それ以外にも興味深いものがあります。
普段、刑務官や服役中の囚人について、事細かに書かれており、知らない世界を体験できます。

中でも、死刑執行に立ち会う刑務官の苦悩。
書類上では仕事のため死刑を執行しているのですが、実際には殺人をしている。
その苦悩は想像できず、死刑そのものについて深く考えちまいました。

「13階段」は映画かされているそうですので、見て見たいです。
人の命の重さを裁くには、何が必要なのかと思う作品です。
オススメです。