2011年10月 - ブリブリモンキーの冒険
FC2ブログ

2011ヤマザキナビスコカップ 浦和-鹿島

お疲れ様です。
大宮出身で近くにNACK5スタジアムがある僕は、アルディージャファンです。
バイクがないので、書くネタが無いのがホントの所ですが、ちょいちょい更新してみようと思います。
バイクブロガーが書く、サッカー話はいかがでしょうか?

12:47 国立競技場 S席
前日、金券ショップを巡ってチケットを購入しました。
どちらもファンという訳ではないのですが、タイトルが掛かった試合を見てみたかったのです。
浦和も鹿島も、サポーターの数が半端じゃなく多くて、歓声とブーイングの嵐。羨ましい限りです。


13:00 選手紹介
鹿島見参!や浦和のマスゲーム!
国立競技場が満員での応援合戦の迫力は、生じゃないとわからないですね。
見ていてシビレルものがあります。




13:39 前半
両チームとも、なかなかシュートを決められない展開に。
鹿島は、試合展開を掴むも、DFに阻まれ、ゴール前で仕事をさせてもらえず。
浦和は、連携が悪いのか、ニアミスが目立つプレーでした。


14:22 後半戦
開始5分で、浦和の山田選手が退場後、鹿島の一方的な攻撃に。
浦和が耐えて、後半35分に鹿島の青木選手が退場。
息を吹き返したかに見えた浦和でしたが、そのまま時間切れ。延長戦に突入です。




15:18 延長戦 前半
延長戦も鹿島が試合をコントロールするも、なかなか点につながらない。
浦和は、カウンターからの突破を試みるも失敗に終わってしまいます。
そんな中、ようやく鹿島の大迫選手のシュートが決まりました。


15:37 試合終了
浦和が攻め立てるのですが、追い付かず、試合終了!
鹿島アントラーズ、9年ぶりの優勝です。
浦和と五分五分の因縁の対決だっただけに、白黒はっきりしましたね。










とまあ、こんな感じのナビスコカップです。
アルディージャ戦か、代表の試合しか、じっくり見ないので他チームの試合も面白いですね。
鹿島の底力や、浦和のポテンシャルの高さ。ファンが多いのも納得です。
でも、やっぱり発展途上のアルディージャが良いです。

いつの日か、タイトルを掛かった試合に大宮が出場できればと願います。
その前に残留を決めて!お願いだから、残り試合を何とかして~~~!と叫ぶ一ファンです。

スポンサーサイト



高尾山・ハイキング

お疲れさまです。
せっかくの連休。家に閉じこもっても勿体無いので、またまた、お出かけです。
昨日に引き続き、バイクで行けなかった場所を探索。
本日は、高尾山です。

10:13 高尾山山口
JR高尾駅だったなの思っていたら、京王線に乗り換えて行くんですね。
それらしき人たちに付いて行ったら、到着しました。
幼稚園の遠足組と一緒に出発です。


10:16 ケーブルカーのりば
高尾山に行くには、いろんなルートがあります。
展望台まで一気に行くのも良いのですが、歩いて行こうと思います。
1号路の表参道を行く道で、トコトコ進みます。






10:52 高尾山駅 展望台
ちょっと一息。ケーブルカーの駅です。
参道は、木に囲まれていて、風景が良く見えないのですが、ココは開けています。
東京都心が一望です。




11:01 浄心門
薬王院のそれらしい門が出て来ました。
それにしても子供て、元気なのね。
キャッキャしながら、先生たちが一生懸命誘導しています。






11:11 薬王院
到着しました。ここが薬王院なのか。
TVや雑誌で見たのより、意外と小さいような・・・。
記念にトレーティングカードみたいな迷企羅大将のお守りを購入です。










11:43 高尾山山頂
おお、何とか着きました。
ポッキーを齧りながら、一服です。
パワースポットで知られている場所が、この辺だっけかな?富士山はどれだろう?








12:11 稲荷山コース
帰りは尾根を通る稲荷山コースを歩きます。
このコースは、上りに選ばなくて良かった。階段と道が急で、しかも滑りやすい。
そんな道でも、駆け下りる人がいるので、世の中は広いです。








12:45 展望台
ここからは、西武ドームから筑波山、池袋の高層ビルが見えます。
頑張れば、さいたま新都心も見えるかな。




13:16 ケーブルカー清滝駅
ようやく下山しました。
山道には馴れていないので、足が痛い・・・。
ソフトクリームを食べながら一服です。






とまあ、こんな感じのハイキングです。
高尾山は、パワースポットかも知れないですよ。
帰りの電車の中で爆睡。気付いたら新宿です。良く寝ましたよ。
次に行くときは、高尾山山頂から五時間半掛けて行く陣馬山に挑戦したいですね。


鎌倉・レンタルサイクリング

お疲れさまです。
バイク修理中のため、ツーリングがお預け状態になっています。
といって、家でグダグダしていているのも、勿体無いので原点回帰。
バイクで行けない街をチャリンコで、サイクリングしようと思います。

11:12 JR鎌倉駅
湘南新宿ラインのおかげで、二時間かからずに鎌倉に到着です。
東口にあるレンタルサイクリング屋で、自転車を一日かります。
今日は暖かく、長袖Tシャツ一枚で十分なくらい。最高な日です。


11:26 由比ケ浜海岸
駅前の観光案内所で地図を買ったのですが、スケールが思ったより違って。
あっという間に、海岸へ出ました。久々に見る海も、なかなか良いですね。
サファーは寒くないのかしらと思いながら、一服。






11:40 長谷寺
小学生の集団がゾロゾロ。カメラの撮影を頼まれちゃったりして、入場します。
何処に行っても混みそうなので、早めのお昼です。
相模湾を一望できるお寺の喫茶店で「お寺のカレー」を食べて一服。精進料理でした。




12:28 鎌倉大仏
高徳院の大仏さんです。
バイクで行くと、駐車場所がなくて困るところ。ここには初めて来ましたよ。
とりあえず、胎内巡りをしちまいました。




13:04 銭洗弁財天
源氏山の辺りが、キツい傾斜で自転車にペダルが動かない・・・!
ふ~ふ~しながら、弁財天です。
ジャバジャバ洗って、ジュースを買いました。




13:22 寿福寺
北鎌倉駅に向う途中、寿福寺に立ち寄ります。
山門前で写生をしているので、中央を開けつつ前進前進。
何ともいえない感じのする参道と、お寺。時折、聞こえる鹿おどしの音がすばらしいです。




13:47 円覚寺
ここのお寺は、懐かしい。中学校の社会科見学で着た場所です。
常々、入口の記憶はあるのだけれども、奥はどうなっているのか疑問に思っていたですよね。
好奇心全快で、とぼとぼ散策。中にある仏像が、こんなに大きかったのかと驚きました。


何でも、紅葉と紫陽花の季節が混雑するらしいです。
建物を見るなら、それ以外の方が良いとか。


ここの虎頭岩が、どうしても見えない。
あの辺りとこの辺りが耳で、頭で・・・らしいのですが???


14:30 建長寺
鎌倉街道を登る前に紫いもソフトクリームで一服。
ついでに、建長寺に寄って見ます。


一番奥にある、日本庭園が良い雰囲気で好きです。


14:59 報国寺
今回の目的地、報国寺の竹庭です。
さて、どんなものなのかしら?




竹庭は、人で渋滞中。まばらになるまで、待機です。
田舎にある竹林とは、違いますね。手入れが行き届いているので、素敵な感じです。




15:21 鎌倉宮
杉本寺にも寄りたかったのですが、自転車置き場が見当たらずパス。
道が狭いので、路上を走るのも一苦労です。
鎌倉宮では、お皿を岩に投げる厄落しがあるので、思いっきり投げちゃいました。


15;43 八雲神社
後は、鎌倉駅に戻る前に、寄り道。
面白いものでもありそうな雰囲気に境内へ入ると、リスがいましたよ。
電線を伝って二匹が走って行きました。


15:54 鎌倉駅
戻って来ました。鶴岡八幡宮を見ようかと思いましたが、足が棒なのでパスです。
夕暮れ時の由比ケ浜も興味がありますが、それは次回に後回しです。
先頭車両に飛び乗って、一眠りです。


こんな感じの鎌倉探検。18時前には大宮駅に着きました。
鎌倉は電車で行って、サイクリングをするのが丁度良い街です。
でも、バイクに乗らないのは疲れないですね。明日は、山登りでもしようかしら。

スーパーGTのおまけ

お疲れ様です。
デジタル一眼レフなんですが、レンズがマニュアルなので、パソコンに落としてみるまで分からないです。
このドキドキ感は、写真の現像に通じるものがあるなと思いながらも、
昨日のスーパーGTのおまけです。
レースクイーン目当てに、サーキットへ行くのは、いかがかしら。








































スーパーGT第8戦・もてぎ250kmレース決勝!

お疲れ様です。
本日はスーパーGTの決勝です。
シリーズも最終戦。どんな展開となるのか期待大です。
バイクがあれなので、またまた車で、お出かけです。

07:14 ツインリンクもてぎ・中央エントランス
4時半に出発したのですが、駐車場には車で埋め尽くされています。
人気がありますね。
雨が降る中、8時開場まで、待ちます。


08:22 オフィシャルステージ
30分から、チームスポンサーステージが始まります。
小雨が降る中、カメラを構えて、しばし待ちです。
決勝レースは、キャンギャルショーから楽しむのが、一番良いかと思います。


10:04 パドック裏・ビューポイント
サーキットサファリの時間です。
フリー走行の時間と、重なっているのでバスの横をフル加速で走って行きます。
あのバスには、いつか乗ってみたいですね。


10:51 シビック決勝
第5コーナーから観戦しました。
この場所は、第1、2コーナーを眺められ、ストレートを正面から見れます。
しかも、抜きどころであり、コースアウト率も高いので、一番良い席です。


11:47 オーナーズクラブパレード
何人、ピットウォークに入るのかしら?
長蛇の列の中、パレードランが始まりました。
懐かしのダットサン。旧車オーナーさんは、凄いですね。


12:01 レースクイーンウォーク
ピットウォークとは別にレースクイーンが、コース上に整列しています。
なんか凄いんだから!!!
カメラを抱えて人垣に挑んだのですが、あえなく脱落しました。


12:16 ピットウォーク
そして、この人だかり!!!。あ、あのドライバーは・・・!!!
かき分けるように、進んで行きます。
意外と、いろんな配布物を普通にもらえたのは、嬉しかったですね。






13:21 第3コーナー観戦エリア
別途、チケットが必要なのかなと思ったら、パドックパスで入れました。
コースインの時間。マーシャルが予選1位の車両にサインを送っています。
いよいよ、レースが始まるなという気になります。


14:30 S字コーナー
スーパーGTは、見ていて飽きません。
GT500とGT300の混戦のため、どこかしらで団子状態に。
写真を撮る側としては、シャッターチャンスが多く、緊張感があるのです。










15:54 グランドフィナーレ
レースが終了。
このあと、グランドフィナーレとなるのですが、ここで帰ります。




と、こんな感じのスーパーGT決勝です。
いや~、面白かったです。また、見に行きたいですね。
でも、疲れました。サーキット内を隅から隅まで歩き回り、足が棒になっています。
バイクレースにも、この盛り上がりと、サービス精神がほしい所です。

スーパーGT第8戦・もてぎ250kmレース予選!

お疲れ様です。
十連休も後半を迎え、仕事以上に遊びが忙しくなってきます。
本日は、ツインリンクもてぎで開催中のスーパーGTを観戦しに行きました。
ふふふ。一度は見てみたかったレースなんですよね。

12:45 ツインリンクもてぎエントランス
バイクがあれなんで、車で移動です。
しかし、混んでますね。予選の日なのに車が、いっぱいです。


パドックパスを購入したので、またまたウロウロ。
すでに、公式予選が始まっています。
エキゾーストノートが凄い。耳が痛くなります。








パドックには、イカ娘の「海の家・れもん」が開店しています。
漫画と同じ作りに、思わずニンマリ。面白いですね。




スバルの自動ブレーキシステムと追従システムの体験が無料で行われています。
追従システムを体験しましたが、ボタン一つでスピードをコントロールしてくれます。
カメラのセンサーで、バイクや人も判別。140km/hまで対応。これには、目から鱗です。


公式予選はノックダウン方式で、15時から行われました。
雨が強くなったり弱くなったりして、チームによっては厳しい展開となりました。
今年はブリジストンのタイヤが、雨だとタイムが縮むのだそうです。












スーパーGTのおネイちゃんを撮ろうと頑張ったのですが…。
カメラを向けると、皆さんノリよくポーズを撮ってくれるのですが、バイクやフォーミュラーと違った雰囲気。
どのタイミングで撮っているかが、イマイチわからなかったです。


とまあ、こんな感じの予選になります。
ピットウォークに間に合いませんでしたが、明日の楽しみにします。
でもな~。課題が残った初スーパーGT観戦だったなと思います。

10/13 三陸リアス式海岸ツーリング

お疲れ様です。
三日目は、せっかく一関まで来たので、単独でツーリングしてみようと思います。
現在、八幡平の紅葉が見ごろ。
夜中にルートを考えていたのですが・・・。

http://i.yimg.jp/images/autos/g/drive/components/blogparts/v1/YahooAutoRoutePlayerBlog.swf?setupServices=http://bp.drive.yahoo.co.jp/DriveRouteGateway/V1/setupBlogparts&mapxml=http://bp.drive.yahoo.co.jp/DriveRouteGateway/V1/map.xml&ydrive_rid=RTmgjhtHHWOJBL6Mwb.w--&playSpeed=4&mode=map&ydrive_pm=2&ydrive_psm=4&flashApi=http://i.yimg.jp/images/autos/g/drive/components/api/blogparts/v1/default/&ydrive_pro=0

舞鶴荘      09:27
総走行距離  70495km
久々にお腹いっぱい、朝飯を食べてしまいました。
そのあと、温泉が引いてある風呂で、朝風呂。
おかみさんから、おにぎりまで、作って頂いちまいましたよ。



09:56 平泉郵便局
キャンプ道具をゆうパックで家に送ります。
重量が30kg以下で、OK。意外と安く¥1600円。荷物は今度から全部、郵送しようと思います。
ここで、ツーリング部隊と別れます。


11:15 陸前高田市内
一関ICに向かう途中に『陸前高田』の看板を見つけました。
どうせ来たのなら、百聞は一見にしかず。行って見ようかしらと、海岸線へ針路を向けます。
山を下って国道45に出た途端、異様な光景に出くわしました。




11:26 道の駅 高田松田
津波が押し寄せた所は、ほとんどが更地。
国道45も新しく舗装されていますが、潮の満ち引きで冠水するようです。
道の駅の建物は、一階部分が筒抜けになって、コンクリートはボコボコです。




11:48 大船渡方面
ガソリンスタンドでの一コンマ。
約束手形の変わりになる紙で対応をしていました。
スタンド側も現金ではなく、千円分のカード購入か、カードによる支払のみとシビアな環境にあるようです。


12:03 大船渡市内
津波浸水想定区域に入った途端、そこはガレキの山とかします。


陸前高田では、整地が進行しているようで、何もなかったのですが、
大船渡市内は、3月の光景が色濃く残っています。


そして、津波の到達時刻に止まっている時計。なんとも言えませんね。









14:20 釜石市
ずんずん進んで、釜石に入りました。
「津波が多い場所で、高台へ動いた所は被害はなかったよ」とスタンドのおっちゃんも言っていました。
減災という考えがあります。自然災害と、どう付き合うのか。これからの都市計画に託されます。




15:56 浄土ヶ浜
自然の物は姿を変えませんね。


16:06 宮古市内
丁度、バス停の看板を置く所に出くわしました。
でも市内には、まだ、信号機が復旧していない所もあります。
塀には「撤去」と書かれた文字が複数あり、物々しい感じがします。




16:13 道の駅 みやこ
一階部分は、木の板で覆われています。
港に行くと、釣りをしている人でいっぱい。
夕暮れ時の長閑な風景が、良い感じになっています。






19:09 セブンイレブン手代森店
国道109で、宮古市から盛岡へ抜ける途中でトラブル発生!
区界~松草間のトンネルを抜けたところで、何か堅いものに乗り上げます。
前方に吹っ飛ばされそうになり、車体も斜めに飛んだので、死んだなと覚悟しましたよ。
難なく着地して、道の駅、区界高原まで走行。確かめるとリムが曲がってしまいました。


とりあえず、盛岡まで様子を見ながら降りて、コンビニでYSP東大宮店へ連絡。
こういう時にツイッターて便利ですね。画像を送って診断。ドクターストップ。
クラブヤマハのロードサービスを呼び引き取りとなりました。

その後、盛岡駅から新幹線で大宮駅で帰宅。
とんだツーリングとなりましたが、ロードサービスに入っていて良かったです。

バイク屋さんでの後日談ですが、道路の整備不良による故障は、土木課から保障される場合があります。
今回の場合、事故現場で警察を呼んで、事故登録するか、
もしくは、現場の場所や原因になった物を写真に撮っておけば、良かったのですが・・・。
そこまでは、気づかなかったですね。怪我しなかっただけ、貰い物です。

10/12 山形・岩手マスツーリング

お疲れ様です。
窓側でシェラフに潜り込んで寝たのですが、寒くて目が覚めました!
それもそのはず、Tシャツにジャージの軽装でしたからね。
使用温度も、意外とあてにならない事も判明して、キャンプをしなくて良かったです。

07:31 月山サンチュアパーク
9時出発ですので、その前に朝のお散歩。
バイクのジャケットを羽織って丁度良いくらいの気温です。


5人で一人、¥800円。破格のお値段で使用させてもらいました。
この辺は、複数名で行く利点がありますね。


09:56 山形道・寒河江SA
本日の目的地、平泉へ向けて、月山ICから高速で移動です。
山形の土地の物を食べていなかったので、こんにゃく玉で一服です。


14:22 平泉・中尊寺
一関ICからビューエルライダーと合流。
待望の世界遺産を拝観しに来ました。一度、来てみたかったですよ。


神社みたいな参道をトコトコあるきます。
弁慶堂や十二支の守り神をまつった堂が点々とあります。


ここが、中尊寺の本堂。


そして、有名な金色堂です。
拝観料は¥800円で、隣にある讃衡蔵に入れます。
でも、めちゃくちゃ眠くて、先に出て待っていました。


世界遺産、中尊寺は、岩手の方からすると賛否が分かれるそうです。
岩手県の名物は、金色堂だけで、あまりパンチがないだそうです。
観光客も外国人が少なく、ほかの場所とは違った雰囲気があるのかもしれないですね。


??:?? 舞鶴荘
本日のお宿に到着です。岩手山のお米は旨いとバクバク食します。
また、メンバーの上司のご両親から、思わぬプレゼントを頂いちゃいました。
ありがとうございますm( . .)m


ツーリング云々よりも、飯が旨かったです。
そして、布団の中で寝るのが一番幸せだと思った二日目です。

10/11 山形・岩手マスツーリング

お疲れ様です。
YSP合同ツーリングに続きまして、職場つながりのマスツーリングです。
前回、軽井沢でキャンプをした時、次は山形で「キャンプをやろう」という話になりました。
さて、どんな場所だろうとワクワク、ドキドキです。

自宅出発    04:36
総走行距離  06795km
集合が、東北道・羽生PAに5時集合。
目覚まし時計を2個付けて、眠い頭をフリフリしながら出発です。

05:13 東北道・羽生PA
ちょっと、お待たせしまして合流しました。
う~ん、ん!新しい大型バイクが二台。
いつの間にかに、皆さん、進化していますね。


13:44 湯殿山 注連寺
高速道路は、一時間おきに休憩。ずんずん進んで、山形道・寒河江ICで降ります。
その後、スーパーで、夕食分購入と昼食。
最初の観光スポット、即身仏を見に注連寺に寄ります。


即身仏になるための苦行。現代人にはできないですね。
天井には「天空の扉」や「白馬交歓の図」。百年後にはと、ハイカラな絵には圧倒されました。
お殿様を通す部屋からは、月山が望めます。


七五三掛桜が有名だそうで、満開の時期に来てみたいです。


14:52 大日坊瀧水寺
近くにもう一体、即身仏があるそうで、こちらにも寄ります。


説明だけなのかなと思ったら、お経を読み上げてくれました。
両方のお寺で共通しているのは、明治時代にお寺から神社への変更。
ほかの土地では、そこまで口説く説明されなかったので、よほど根深いものがあるのでしょう。


16:24 月山あさひサンチュアパーク
日が沈んでくると、気温がグングン下がって、寒くなります。
明るいうちに、キャンプ場に到着。本日は、自分たちだけのようです。
この後、CB1300とCB1100を試乗させてもらいました。
ポジションとかは楽なんですけど、Myバイクの方が良いかなと改めて思いました。


とても冷えるらしく、避難小屋で宿泊します。
せっかく、ガソリンバーナーを持って来たのですが、コックを間違えて全開にして溢れてしまいました。
お湯をもらって、即席うどんを食べて本日は終了です。


とまあ、こんな感じの初日です。ほとんど、高速道路にいました。
予定のキャンプは出来なかったのですが、施設が充実して良い場所です。
ここには、再度、見に行こうかなと思います。



10/10 ショップ企画・YSP合同ツーリング、二日目

お疲れさまです。
嬬恋で一泊、YSP合同ツーリング二日目です。
トイレに5時頃、起きたのですが、ホテルの扉て閉めると鍵が掛かるのね。
閉め出しをくらっち待ったので、一番風呂に入ってソファーで朝日を鑑賞です。

朝焼けは、山が真っ赤になって、とてもキレイ。
部屋の扉を開けてもらって、記念に一枚です。
ちなみに、今回の参加人数は230人。駐車場はバイクで一杯です。


10:00 記念写真
朝食を腹一杯、食べて一服!
今日の天気は、暖かくなうようで、せっかくの防寒着がじゃまになります。
あれよあれよと言う間に、記念写真に出発の時間です。




11:06 ???
パノラマラインを八の字に走行して一服です。
車もなく、快適に楽しめました。
人の後ろを走ると、何処を走っているのか解らないで、今度また行って見ようと思います。


12:28 ???
この道を行くと、ココに出るのかと思いながら、休憩です。
この先の峠で、先頭を行くチーフのバイクが、ズバズバとなってしまい・・・!
ブラインドコーナーで細かい砂利が。知らずに行ったら大変な事になっていました。


13:54 上信越・藤岡SA
松井田妙義ICで乗って、SAで昼食です。
高速道路も三連休の最終日のためか、既に渋滞モード。
一人、又一人と自然解散して、本日のマスツーは終了となりました。


自宅帰宅    17:43
走行距離      424km
総走行距離   69795km

とまあ、こんな感じのマスツーリング。
YSP東大宮店の皆様方、本日はありがとうございました。
めちゃくちゃ、楽しんでしまいました。
いつか、キャンプツーリングを企画して欲しいなと思いつつ、お疲れさまでした!

しかし、チーフは大丈夫かしら?