2012年08月 - ブリブリモンキーの冒険
FC2ブログ

8/25 福島経由、新潟から埼玉へ帰ろうツーリング

お疲れ様です。
8月もあと三日。日が暮れると涼やかな風が吹き、夏も終わったなという感じがします。
来月からは、バイクの過ごしやすいシーズンが到来するので、どこに行こうか検索中です。
まあ、といっても旅立つ物がないので、近場をウロウロしようかと思っています。

05;14 ホンマ健康ランド
起きたのが4時半頃。朝風呂に浸かってサッパリします。
もう一眠りしようか迷いましたが、新潟のベットリした暑さが堪らないので、そうそうに出発します。
ルートは、紹介された阿賀野川を上って福島へ抜けようと思います。


05:49 瓢湖
国道49。軽快に新潟の田園地帯を抜け、阿賀野市内に入ります。
看板に白鳥の絵。どんな所かと、立ち寄ってみます。


あたり一面、蓮の花が満開です。
この日は、お祭りのようで目の前の商店街は、紅白の飾りで彩られています。
どうも、花火を打ち上げるようで、時間があれば見てみたかったなと思いました。


06:24 平等寺薬師堂
国道49をさらに進んで、道の駅・みかわで休憩です。
天然記念物の日本一の杉があるというので、歩いて行ってみることにします。
その途中にある、平等寺。民家の合間に古風なお寺が出てきてビックリです。


06:26 将軍杉
日本一とは、どんな大きさの物かと興味津々に行ってみると、デカイ!
杉ていうのは、こんなに大きく成長するものかと感嘆しちまいます。
道の駅から300m。時間があれば立ち寄ってみるのも良いかもしれないです。




08:18 坂内食堂
さらに国道49を北上。阿賀野川を横に走り抜けるのは、なかなか気持ち良いです。
喜多方ラーメンを食べて帰るのもアリという話でしたので、こんな時間にやっているのか調べると・・・!
朝ラーメン発祥は、坂内食堂だったんですね。朝7時からの開店で、早速、向かいます。


朝の8時ですよ。車とバイクが既に満車。店内も席という席に人で一杯です!!!
早速、名物の肉そばを頂きます!ああ、この味は関東の店とは、一味違いますね(゚д゚)ウマー


09:21 天鏡台昭和の森
ツイッターつながりのライダーさんから、猪苗代湖を見下ろす写真を拝見。
場所を伺っていながら、なかなか行けなかったのですが、この機会に立ち寄ってみます。
昭和の森の頂上からの眺めは、猪苗代湖が一望です!


ちょっと、下った下り坂。ここもベストショットを一枚!絶景ですね。


09:38 内水面水産試験場
今日は『内水試参観デー』というお祭りを開催。入口のおっちゃんに立ち寄ってと呼び止められます。


ここで説明されているのは、放射能汚染について。
福島県にとって、安全性のアピールは切って落とせない重大事案ですね。
とても丁寧に書かれ勉強になっちまいました。


どうも、ニジマスの試食会もあったようですが、早すぎたようで、食べ損ねました。
駐車場のおっちゃんもバイク乗りで、息子には危ないから乗せない方針で育てたら、孫が免許を取ったとか。
「血は争えないだようね」と、苦笑いしていました(笑)


10:39 郡山布引風の高原
猪苗代湖を右手に国道49から県道9を走り白河ICを目指します。
途中、布引高原の看板がちらほら。何かあるのかな?となんとなく行ってみます。
風車がデカイ(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-


そばの花かな。それとひまわり畑が満開です!




ここの風車は、ホントに大きいです。
屋台でかき氷を食べながら、人と風車を見比べると、目の錯覚かと何度か疑っちまいました。


展望台に上ると、奥に磐梯山と猪苗代湖が一望です!
こんな穴場があるとは知りませんでした。季節が変わったら、また来ようと思います。


自宅帰宅     15:48
走行距離       982km
総走行距離  10050km

と、こんな感じの帰宅路です。
二日間で、約1000km走行しましたが、あまり疲れもなく、十分楽しんでしまいました。
今度、佐渡に行く時は、この逆ルートでも面白そうですね。
今年の夏も、これにて終了。関係者の皆様、ありがとうございます。良い旅が出来ました。
スポンサーサイト



8/24 日帰れるかしら?佐渡ツーリング③

お疲れ様です!
新潟に帰るまでは、書いとかないと収集が付かなかくなりそうで。
ポチポチ進めていきます。

14:21 佐渡奉行所
佐渡金山に続いて、おすすめの佐渡奉行所に行きます。
ガイドさんが付き添いで、丁寧に説明してくれるので、良くわかります。


資料が豊富で、大宮、浦和の中山道絵巻があり、勉強になりました。
隣の建物に、実演コーナー。石臼を回す動作は、クランクシャフトを回す原理と一緒で思わぬ発見です。


15:19 北沢地区施設群
佐渡奉行所前に北沢地区施設群があります。
写真で見たことがあり、ここには一度、来てみたかった所です。
スポットライトが設営されており、夜間点灯するのかな。どんな雰囲気かしら?


15:40 大佐渡スカイライン
山側の雲が晴れてきたので、スカイラインに行ってみます。


なかなか、素敵なところです。
佐渡金山の道遊の割目が、ここからでも見えますね。


こちらは、真野湾側。
伸びるように建造物があるところが国道350です。


15:57 展望台
マップには、ここから両津湾、真野湾をはさんで中央を見れるはずなんですが・・・。
雲に隠れて見えません。ちょっと、残念です。


16:04 最高地点
目の前のレーダー棟が、凄く気になります。




16:14 
スカイランをさらに進むと、両津港が一望できます。


だけど、道が普通の舗装路じゃないので、カーブが怖い!!!


17:08 長手岬
せっかく、両津港側に来たのですが、夕日を見ようと、反対側に移動します。
国道350沿いは、ショッピングセンターが点々とあり、そこに向かう車で渋滞しています。
なんとか、岬に着きましたが、日没は18時半すぎ。これならば、本土に戻ろうと来た道を引き返します。


17:50 両津港
ズンズン進んで、港の到着です。
19:00までに、駐車場に来るようにとのこと。ちょっと、夕飯とお土産を買いに行きます。
ですが、定食屋が終了していました。軽食コーナーのそばで我慢します。


18:51
そろそろ準備をしなければ、ヘルメットをかぶって待機です。
コンテナを運ぶリフトの運転手は運転がうまいですね。
バックしながら、すれ違った時はぶつかると、思っちまいましたよ。


19:11 船内
バイク搬送には2等席のチケットが付いています。
行きにフロアの寝床がなかったので、帰りは一番乗りの特権で、場所を確保!
出航シーンを撮ろうか迷いましたが、そのまま寝ちまいました。


21:49 新潟港
帰りの船には自転車が多く、バイクは2台だけと寂しいです。
連休と佐渡の距離があえば、自転車が一番かもしれないですね。


22:47 ホンマ健康ランド
新潟市内のラウンド1裏にある健康ランドです。
今日の宿泊は、ここになります。時間的に高速で帰ることも出来ますが、そこまで頑張るのもどうかと。
明日の帰路もツーリングを楽しもうと計画していますので、風呂に入って、さっさと寝ます。


と、こんな感じの佐渡奉行所から新潟までの記録です。
ブログを書いて気づきましたが、意外と名勝に行っていなかったです。
通り過ぎた後に、そういえばと思うところが点々とありました。次回行く時の課題にですね。
やっぱり、最低でも一泊。二泊できれば存分に堪能できるとおもいます。

8/24 日帰れるかしら?佐渡ツーリング②

お疲れ様です。
書ける時に書かないと、忙しくなっちまいますからね。
と言いながらも、のぼせちまったようで、鼻血ブーです。

08:14 両津港
ようやく、着きました。車両置き場で待っていると、気持ち悪い。船酔いになりそうです。
ICから港まで、ガソリンスタンドが見つからず、満タンにできませんでした。
まずは、高いと言われるガソリンを入れなければ。


ちなみにガソリン代は、レギュラー¥156円。
埼玉は、大体139円ぐらい。高速は、145円だったかな。ハイオクだと思って給油です。
思った以上に高くてビックリです(;゚Д゚)!

09:03 県道45
佐渡一周、約200km。その気になれば一日で回れると踏みましたが、せっかくなので観光重視。
なんとなく北側を重点的に見ようと、アドバイスを受けています。まず、両津港から二ツ亀方面に向かいます。
海岸線沿いは、走りやすいですね。田んぼが海沿いにあったりと、独特の風景も広がります。


09:36 大佐渡石名天然杉・象牙杉
大きな看板に天然杉と書かれていたので、なんとなく寄り道。これがまずかった。
だんだん道が細くなってくるは、霧で真っ白になるは、ドキドキです。
しかも、遊歩道。歩いて90分は勿体無いので、最初の杉まで行ってみます。


この後、雨がバサバサ降って、急いで撤退です。
この調子では、反対側も雨かしらと不安になります。


10:10 浦川局前
海岸線に戻ると、晴天。どうも、山の上だけが雨模様のようです。
そういえば、郵便局があちらこちらにあります。
ATMがなかったらどうしようと思っていたのですが、意外と郵貯が使えるので便利です。


10:40 二ツ亀
最初の目的地です。
日帰りツアーとバッティングしちまったようで、人の出入りが激しいです。


この横がキャンプ場になっていて、朝日を見たら面白そうだなと思っちまいました。
しかし、空と海の境界線をバックに島がなんともいえない雰囲気を出していますね。


10:59 大野亀
カンゾウの花で有名な所ですね。


てくてくと歩いて行くと、先ほど見た二ツ亀が見えます。
なんで『二ツ亀』と言うのかと疑問に思っていたのですが、山が二つあるんですね。


この上まで登れるようですが、疲れたので止めときます。
紫陽花の花の後もあるので、カンゾウの花以外にも、いい景色かもしれないです。


名前の由来というか、見る場所を変えるとなるほどなと思います。確かにカメさんですよ。


11:29 
大野亀からトンネルを抜けると、崖側ルート。
なかなか景色が良くて、思わず写真を一枚です。


12:24 めおと岩
ここのめおと岩。驚きました!まさに、名前の通りです。
写真を見ると、岩が並んでるだけと思っていたのですが、一見の価値があります。
お腹が空いたのですが、日帰りバスツアー客で一杯。先に行くことにします。


13:55 金山茶屋
中央の国道350沿いにしか、お店がないというのも本当ですね。
めおと岩のドライブインと金山の2箇所しか発見できませんでした。
さて、どれにしようかしら?海鮮丼は品切れ・・・サザエ丼を食べます。


13:09 佐渡金山
ここがそうなのか。思っていたより急斜面に駐車場があります。バイクも倒れないか心配です。


13:41 道遊抗コース
江戸時代と近代の2コースがあり、両方見れるセットを選びました。
こちらは抗内。気温は約10度。酒蔵にもなっていてヒンヤリして気持ちいいです。


13:59 道遊の割戸
頂上に金鉱を発見したとかで、真ん中から掘ったため、遠くから見ると真っ二つに見えます。
近くで見ると、中央部分がポッカリ空いていて、何か出てきそうです。


14:09 金箔ソフト
最後の締めにソフトクリームを食べて一服です。
江戸時代側の宗太夫抗コースが、動きがあり見ていて面白いですね。
見学中、前の人たちが振り向いたらワァ!と声を上げたのには笑っちまいました。何と勘違いしたの(笑)


と、こんな感じの午前中、両津港~佐渡金山までです。
山側は、ダートラ系のバイクが面白そうです。かと言って、海岸線はリッターバイクでも楽しめるセクション。
あとは、断続的に走ってくる自転車とランナーに気をつければ、これほど面白い所は無いですね。

8/24 日帰れるかしら?佐渡ツーリング①

お疲れ様です!
ここ最近、息が詰まるくらい忙しく、ようやくお休みになりました。
8月も仕事だけで終わらすのも勿体無いので、思い出になるようなツーリングをしたいところ。
行き先もマンネリ化してきたので、思い切ってズバッと行ったことのない場所にします。

8/23
自宅出発    23:34
総走行距    9068km
夕方、バイク屋さんへオイル交換してもらった時に情報収集。
大まかな観光地を頭に入れて、計画を練ります。
0時まで待てば良かったのですが、気が立っていて一眠りしてから出発です。

00:45 関越・上里SA
東松山ICから乗って、高速をマッタリモードで進みます。
お盆を過ぎてるので、交通量も少なく快適ですね。
お腹がグルグル鳴るのですが、食べると眠くなるので、水で我慢です。


01:51 赤城高原SA
気温が20度。メッシュジャケットにTシャツだけでは寒いです。
トイレ休憩をした後に、レインコートを引っ張り出して、防寒します。
ここから約100km、ガソリンスタンドがないので、念のため補給もします。


03:08 越前川口SA
関越トンネルを越えると、今度は蒸し暑くなってきました。
どうも湿度が高い。肌がベタベタして気持ち悪いです。
トイレ休憩して、一服したら、そそくさと出発します。


04:08 北陸・黒埼PA
時間調整でPAに立ち寄ります。
なるほど、ナビでも新潟西ICを指しているので、こちらから行こうと思います。
しかし、暑い。新潟はこんな気候なのかしら(;^_^A


04:37 新潟港
新潟西ICを出ると、三車線の有料道路と思う道を進みます。
佐渡航路と書かれた標識を曲がると、ホテルに行く道のような感じで、あっているのかドキドキ。
ようやく、着きました!06:00発ですので、一時間前が妥当でしょう。


04:55 日の出
朝焼けの時間です。
目の前に海上保安庁の船が停泊。頭上には飛行機雲が線を引いて綺麗です。


05:26 
乗船時間になりました。ヘルメットをかぶって待機です。
結構、車も多く、品川、横浜。あ、大宮ナンバーもいますね。


05:36 佐渡汽船
出航シーンを見ようと、屋上の甲板に行きます。
カモメさんが、暇していますね。


06:07 出航
汽船の航路も国道350号になります。
なんだか不思議な感じですが、そこは某総理大臣のおかげらしいです。


左手に見えるのが、北海道に行く船。次回は、そっちに乗りたいです。


室内で寝ようと思ってたのですが、甲板にいるうちに場所がなくなってしまいました。
しょうがないので、外のベンチでうたた寝です。
お菓子を子供達が、カモメさんにあげています。どこまで追てくるの?


07:28 
気がつけば、佐渡島が見えて来ました。


07:39 
ちょうど、ジェットフェリーと交差する時間のようです。
浮いているように見えます。速いですね。スーと走り去ります。


07:50
晴れのち曇りマークでしたが、意外と雲が厚いです。
見えてるのは、南側。北側は、大丈夫かしら?心配になっちまいます。


と、こんな感じの佐渡へ行くまでの記録です。
時間に縛られながらも、休憩時間を多めにとったので、思った以上に疲れませんでした。
過渡期ではないので、予約無しで乗船も簡単。これなら、いつでも行けますね。
なによりも、某Y氏の助言のおかげ。地元の人は違うなと思いました。

リフレッシュ!草津温泉ツーリング

お疲れ様です。
オリンピックも終わりまして、気付けば日本代表メダル獲得数が最多だとか。
しかも、女子選手の躍進が素晴らしいですね。
これには負けてられないと、こちらも頑張ろうと思います!

自宅出発    05:27
総走行距    8639km
連続でレース観戦した後で、マイバイクのエンジンを始動すると静か。
やっぱり市販車は、良く出来ているなと思います。
ここのところ忙しかったので、久々にツーリングを楽しむべく、お出かけします。

06:52 関越・上里SA
今日は帰省ラッシュ行き日のピーク。
早くも、高速道路では事故&故障車渋滞が発生しています。
朝食を食べようにも席が満杯で、パンを買って外で済ませました。


08:08 中之条ダム
まだ、時間が早いので、ルートを確認していると、まだ行ったことがない場所を発見!
ズンズンと進んで、立ち寄ったのが中之条ダムです。
隣には函館ナンバーの車が止まっていて、お盆だな~と思っちまいます。


08:33 四万川ダム
ズンズン進んでいくと、四万川ダムに到着。
湖畔を周遊できるようで、グルッと回って写真を一枚。
水が少ないので、イマイチ景観が微妙なのですが、横のキャンプ場からBBQの音が楽しげに聞こえます。


今日の目的地の一つ。ひまわり畑です。
一見、満開のように見えるのですが、実はまだまだ。


全体の5分の1しか咲いていないので、来るのが早かったです。
20日以降が満開となるそうですので、その頃に来てみよか考えちまいます。


09:54 草津温泉・大滝之湯
改装工事が終わった、お目当ての温泉に行きます。
既に、駐車場は満車!バイクで来てよかったと思う瞬間です。


風呂上りにグビグビと地サイダーを一杯!(゚д゚)ウマー
体の真まで温まる草津温泉!名湯です。


11:52 志賀草津高原ルート
夏の高原ルート。青々としています。
ですが、残念なことに、数珠つなぎにバイクと車が隊列です。
まあ、駐車場も次から次へと来るので、さっさと進みます。




13:04 鬼押し出しハイウェイ
万座ハイウェイから鬼押し出し方面へ向かいます。
鈍行モードに眠気がピークに。浅間山の目の前で休憩です。
ブルーベリーソフトで一服です。


14:42 碓氷峠・めがね橋
日が暮れる前に帰っても、暑いので少々遠回りして碓氷峠へ。


登ってみると、これが石川さゆりさんCMの場所か。


でも、裏側はホラー映画。ちょっと怖い。
吹き抜ける風は、天然クーラー!気持ちいいです。


15:57 富岡製糸場
世界遺産に登録されるかもと話題となっている場所です。
思ったより、大きいし広いです。


明治維新後の建築物は、材料がほとんど共通で、ヨーロッパの景観を模しているところに面白く感じます。
また、0からスタートして、5年後には黒字反転させる仕組み。
先人の自己啓発的要素が含まれているような気がして、調べてみたくなります。


自宅帰宅    19:08
走行距離      410km
総走行距離   9049km

と、こんな感じのツーリング。
この後、富岡ICから渋滞に巻き込まれて、疲れちまいました。
せっかく、温泉に入ったのに。やっぱり、お盆の時期はしょうがないですね。
というより、自分もお墓参りに行かないと!休みが無いな~。

8/5 もてぎ2&4レースを観戦に行こう!(観戦編)

お疲れ様です。
4日の観戦後は、親父の友達の家に宿泊。ちょっとした同窓会みたいなものです。
ガツガツの飲み食いして、倒れるように寝てしまいました。
起きると庭先にキジがいるし。のどかな所だなとしみじみ思います。

07:36 ツインリンクもてぎ エントランス
開場のお出迎え!
高校生のマーチングバンドの演奏を聞いて、ハイタッチしながら入場します。
やっぱり、鈴鹿より茂木のほうが、落ち着きます。


10:58 元気やまもり尚貴カレー
フリー走行をパドックで見つつも、暑くて動けいなおっちゃん二人。
目的のピットウォークが終了したら、即刻、昼飯に移ります。
100食限定の応援メニューです。日陰で涼しく、美味しいかったです。


11:50 ホンダコレクションホール
J-GP3、GP2の決勝がスタートしているのですが、涼みにコレクションホールへ。
オールホンダで作ったF1マシン。ホンダRC-F1が展示されています。
自己啓発で有志で作ってしまうホンダという企業は、遊び心があって素敵です。


12:14 J-GP2
始まっているので、急いで90°コーナーから途中観戦!
関口選手。茂木では数年ぶりの優勝だとか。


12:58 記念セレモニー
マーチングバンドの15周年記念セレモニーの開始です。
スタンド席の屋根から記念撮影!写っています。




13:31 フリー走行 130R
8分間のフリー走行。
ちょっとでも、日陰がありそうな所に行こうと、アンダーブリッチを越えたのですが。
全く日陰がなく、日傘を持ってくるべきでした。暑い(;^_^A


14:16 フォーミュラーニッポン決勝 S字コーナー
いよいよ決勝スタート!かき氷を食べながら、観戦です。
エキゾーストノートが素晴らしい。レーシングマシンですね。


14:33 東パドック
激感エリアで、こちら側を開放しています。
こんな近くで見ていいのかしらと思うくらい、真横をフル加速していきます。
ほかのレースでも、ここを開放してほしいです。


15:07 90°コーナー
フォーミュラーにもアニメが進行しています。
INGINGは、痛車風デザインで目を引きます。


何枚か写真を撮っていると、オーバーラン!!!
ブレーキが、甘くなっていたとか。




16:46 トライアルショー
午前中の部を見ることが出来なかったので、午後の部を見に行きます。
手足のように軽々とバイクを扱って、それでいて面白い!
なにげに世界大会が茂木で開催されているでしたっけ。来年は見に行こうと思います。








と、こんな感じのレース観戦です。
観戦といっても、レースそっちのけで涼しい所に逃げ隠れしていました。
ですが、イベント盛りだくさんで、飽きることがありませんでした。
次は10月。MotoGPにするか、スーパーGTにするか。はたまた、富士6時間耐久というのも捨てがたいです。

8/5 もてぎ2&4レースを観戦に行こう!(ピットウォーク編)

お疲れ様です。
おまけページ。
もてぎ2&4レース決勝のピットウォークです。
バイクとフォーミュラーのレースクイーンが立ち並び、なかなか壮観です。

































Taem KYGNAS SUNOCOが一番人気で、いっぱい一杯でした。
雰囲気が違うといえば、KONDO RACING。監督待ちの女性陣にたじろぎます。
この場所でないと会えないという気持ちもわかりますが、見方が違いますね。


8/4 もてぎ2&4レースを観戦に行こう!

お疲れ様です。
ツーリングというよりも、観戦記になります。
父の日のプレゼント。去年と同じですが、なかなかこれが好評でして。
芸がないのですが、今年も同じレース観戦にしてしまいました。

13:11 ツインリンクもてぎ
夜勤明け。運転は親父にしてもらいサーキットに到着です。
ピットウォークに間に合うかなと思っていましたが、時間を間違えてしまいました。
でも、パンフレットを見ると、面白そうなイベントがあります。


14:02 フォーミュラーニッポン・予選
ノックダウン方式で行われる予選。
フォーミュラーマシンのサウンドは痺れますね!
5コーナースタンド席から、照りつける太陽の下、観戦しちまいました。


14:56 CR-Z決勝
このレース。なかなか面白いです。ただ単にエコランという訳ではありません。
決められたガソリン量で争うのですが、燃費を完全にコンピュータで制御。車内で数値がわかります。
10l以上走ると、エンストモードに切り替わりノロノロ運転。

また、モーター補助のスクランブルボタンを押すとランプが点灯!
使用にも制限があり、なくなると充電しなければなりません。
完全なコンピューターゲーム。リーズナブルなお値段でレンタルレースできるので、参加してみたいです。

16:18 F3 第8戦 決勝
F3の決勝レース。スピードがないのですが、テイル&ノーズで大接戦!
見ていて、面白かったです。
表彰式を見学!またまた、シャンパンファイトでベタベタになっちましました。


16:23 15thアニバーサリーデー レーシングマシンデモラン
そして、お楽しみはデモランです!


NSR250は、岡田忠之さん。RC211Vに伊藤真一さん!



ロータス100Tに中嶋悟さん!



マクラーレンMP4/5には、鈴木亜久里さん!



マシンをホームストレートに持っていくのかと思ったのですが・・・。
目と鼻の先にライダー、ドライバーが来てびっくり(;゚Д゚)!
観客から遠い、もてぎで、このサプライズは最高です!!!


と、こんな感じの4日。
こんな間近で、エキゾーストノートを聞くとは思いませんでした。
しかも、NSR250を選ぶとは。懐かしのGP2ストサウンドは最高です(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-!!!
全ての運を使ったような気がしてならない土曜日でした。

7/30 さあ、帰ろう!亀山~さいたまツーリング

お疲れ様です!
もう、一週間が経ちましたが、ブログが追いついていません。
早々に片付けて、本日のイベントを書きたいのですが、先々の事を考えると一番大切だったりします。
なにせ、参考になるのは、自分の過去ログですからね。

08:21 カンデオホテルズ
亀山ICのすぐそばにあるビジネスホテルに2泊しました。
観戦で美味しかった料理は、ホテルの朝バイキング!それはもうタラ腹食べました。
次回も、ここに泊まりたいなと思いつつ、みえ川越ICまで下道で走ります。


09:32 浜園公園
みえ川越IC付近にある浜園公園です。
四日市の工場地帯は、京浜とは違った風景に思わず足を止めます。
しかし、暑い。9時を過ぎたら、死にそうになります。早く、高速に乗らねば!


11:21 新東名・浜松SA
伊勢湾岸から東名に入る区間と新東名との分岐点は、渋滞でした。
平日なのに、あっさり行くと思っていましたが、そういう訳には行かなかったです。
とりあえず、SAでお土産を買って、給油して出発です!


12:30 新東名・駿河湾沼津SA
覆面パトカーに捕まっている車一台。トンネル内でNSXのフロントが大破している事故一件。
まっすぐな道な分、気を付けないと危ないです。
ぐんぐん進んで、昼飯にしようと立ち寄りますが、混んでいてパス。でも、景色は最高です。


13:40 東名・海老名SA
東名に入ると、またノロノロ運転。やっとSAに入りましたが、食堂は満席です。
しょうがないので、軽食のパンで済ませます。
それでは物足りないので、限定販売の芋サイダーを飲みました。さつまいもの香りがイイです。


自宅帰宅    15:31
走行距離    1088km
総走行距離   8639km

と、こんな感じの帰宅編。
海老名から首都高速の渋滞に巻き込まれちまいましたので、結構、時間がかかりました。
大体、7時間。ペースとしては普通。関西へ行くならこのくらいの時間だろうと思います。
まあ、疲労とお値段を考えると、来年は深夜バスツアーにしようかなと思っちまったりします。

7/29 鈴鹿8耐・決勝その3

お疲れ様です。
今年のオリンピックは、なんだか不手際が多くて、見ていて気持ちいいものではないですね。
誤審が多く覆りもあり、選手の方もやるせないのではないでしょうか。
それでも、まだ中盤。日本選手団を応援しちまいます。

さて、走行写真は、Google+にまとめてアップ。
ほとんどが、手ブレがひどくまともな写真が撮れませんでしたが、選手の鬼気迫る走行シーンとなります。

17:34 ヘアピン
夕暮れの時間になると、皆さん活動的になります。
体力も回復したので、さっそくスプーンカーブまで、歩きます。
でも、やっぱり観戦するなら、テントを持ってきて腰を据えて見るのが一番かと思います。


夕暮れの時間になると、ライトが点灯され、また違う趣きになります。


18:56 メインストレート
ライトオン表示点灯です。
45分くらいから日が暮れ始めて、辺りが暗くなり始めます。
シケインから最終コーナーまでが、また綺麗でここが一番いいかなと思います。




19:32 チェッカーフラグ
今年の8耐は残り30分の3位争いが、見もの。94号車と01号車の激闘は、名勝負でした。
あまりの迫力にメインスタンドのモニターから離れられず、ここでチャッカーフラグ!
優勝したのは、コンスタントにタイムを重ねた11号車F.C.C. TSR Hondaの2連覇達成です。


19:38 メインストレート
ここからが、忙しいです。V1シートの表彰台前辺りにある階段から、コースに降りられます。
というか、そこしか開放されていないので、詰めかけます。中には一階ぐらいの高さから飛び降りる人も。
仕事がなければ、やっていたかもと思いつつ、階段へ急ぎます。


ちょっと、遅かった!パレードの先頭集団が目の前を通過します。


19:42 ピットレーン
パレード集団は、ピットを逆走して優勝台前のところへ向かいます。
その間はもちろん入場OK!メインストレートを横断。頑張って俺の足と祈ってから、オリャ!
スタッフと観客が混ざって、拍手喝采!!!!なるほど、こういうことか。


19:43 パドック裏
バイクが通過すると『ガレージを閉めます』の声。
パドック側に行って良いのかと、滑り込みで中に入ります!
中では、チームの祝勝会の様子やライダーが汗びたで戻って来ました。


19:49 車検場
お!山口選手だと思っていたら、人が集まっています。
行ってみると、上位3チームのマシンが運ばれてきました。エンジンを再始動させて、点検しているようです。
そんな光景をみていると、表彰式が始まりますのアナウンス。正面に向かいます。


19:55 完走車両
完走した車両が点検を受けるべく、表彰台横に止めてあります。
なかなか壮観ですね。やべ、始まる、始まる!


19:56 表彰式
なるほど、こんな感じで表彰式が行われるのか。


シャンパイファイト!


そして、花火!!!




21:40 完走賞授与式
メインイベントが終わったあと、ひっそりと完走賞授与式が行われます。
目の前にいると、シャンパンファイトでずぶ濡れ!
バックが、ズボンがビショビショになりました。


21:48 ほたるの光
ほたるの光が鳴り出して、本日の営業も終了です。
忙しかった8耐ウィークも、これで終わりかと思うと、壮大な夢物語のようです。


と、こんな感じの8耐観戦です。
転倒、ピットへ押して戻る。ライダーチェンジにナイトセクション。チェッカーフラグに花火と、醍醐味は全て体験。
最高な観戦となり、休みを取って良かったです。
また、来年、行こうかしら。

そういえば、ヤマハ専用駐車場に停めていたバイクは、柵で囲まれ僕の1台だけになっていました。
スタッフさんがしっかり管理してくれたので、助かりました!
このあと、亀山のホテルに行く途中、夕飯を食べて、この日は終了です。