7/8、9 奥能登一泊ツーリング・二日目 - ブリブリモンキーの冒険
FC2ブログ

7/8、9 奥能登一泊ツーリング・二日目

お疲れ様です!

真夜中の大雨で、翌日はダメだろうと思っていたのですが、晴れました。

民報の天気予報は雨ですが、NHKは晴れ。

ネットで調べても半々ですので、これならば行ってしまえと出発します。

 


奥田屋     08:04

総走行距離   46082km

この時期は、まだ能登の観光シーズンではないそうです。

奥能登へ行くには、快適に行けるそうですが、取締が厳しいとのこと。

安全運転第一です。

 

08:11 能登島大橋

まずは能登大橋から。

あんなに曇っていたのに、今日は快晴です。

橋を渡り切ると、カウンターで台数がわかるんです。395台目でした。

 


08:33 ツインブリッジのと

あまり時間をかけると、雨に合いそうなので、能登島の真ん中を走り抜けます。

もう一つの橋、ツインブリッジのと。右側に能登島大橋も見えますね。

さっさと先へ進みましょう。

 


09:18 道の駅 桜峠 サルビアロード

石川県の観光マップは、イラストが分かりやすくて、とても良いですね。

サルビアの花が季節なので、県道57を走って行きます。

道の駅を過ぎると、両サイドに赤いジュータンが敷いてありましたよ。

 


09:52 見附島

えんむすビーチに軍艦島の見附島です。

一度は、見てみたいなと思っていた場所。でも、グングン気温が上がって暑い・・・。

喫茶店のおばちゃん曰く、午後から雨みたいですので、サッサと移動します。

 


10:41 聖域の岬 (珠洲岬)

今回のツーリングの目的地、珠洲岬です。

パワースポットとしても有名なのですが、今まで来たことがありません。

理由は簡単。遠すぎるから。

 


500円、傷害保険付きの入場料を自販機で買って、スカイバードへ。

突き出た展望台がグラグラ揺れる。こういう意味だったのかしら。

眼下には、ランプの宿がありますね。泊まってみたいな。

 


先に進むと、聖域の岬へ通ずる遊歩道になっています。

台風前なので、風が強かったのですが、すてきな海を眺められました。

日本海の海は、本当に綺麗ですね。

 


10:58 道の駅 狼煙

最果ての町、狼煙。名物は豆腐だそうです。

一服に豆腐ソフトを。外に出た途端、暑さで溶ける、とける。

豆腐風味が強くて、良い塩梅です。

 


11:13 禄剛埼灯台

能登半島最北端の灯台。目指して、道の駅を出発すると、目の前に看板が。

どうやら、遊歩道で400mを歩かなければならないようです。

キツ~イ、上り坂を上がった所で、ようやく灯台が見えて来ましたよ。

 


RPGの墓かしらと思う物は「日本列島ここが中心」。

全国を合わせると、中心になるそうです。意外と、長野じゃないのね。

 


11:33 椿 展望台

パンフレットを眺めていると、なぜかココだけ絶景を記されています。

どんなもんだろうと、海岸線を走ります。

良い場所だなと思ったところが、椿展望台でした。

 


さらに、ここから200m遊歩道を歩くと、絶景ポイントに到着。

北海道の海岸線沿いみたいで、雄大ですね。

 


でも、足元は崖。落ちたらヤバイです!!!

 


11:55 ゴジラ岩

さらに、海岸線沿いを走っていくと、ゴジラ岩に遭遇です。

後ろ姿が、昭和のゴジラに見えますね。

砂浜に降りてしまうとそうでもないかも。

 


12:17 岩窟不動

グングン進むと、恋人の聖地の看板が。

ハート型の洞窟と書かれているので、どんなものかと行ってみると・・・。

 


これは、ダメでしょう。

元は逢引に使った場所らしいのですが、加工しちゃいかんと思いますよ。

 


12:33 白米千枚田

千枚田に到着です。

夏のこの時期は、稲が青々としていますね。

風が田んぼを吹き抜けると、色が変わるので、撫でているように見えます。

 
 


昼飯はここにします。

千枚田のお米で作った、おにぎり定食とハート型コロッケ。

油っぽものばかりでしたので、質素なご飯は美味いです。

 


14:13 道の駅 高松

石川県オリジナルブランド、ルビーロマン。

ポスターが貼ってあったので、へ~と思っていたら、売っていました。

その値段、三粒2000円、ひと房18000円。どんだけだよ。

 



自宅帰宅      16:42

走行距離       419km

総走行距離    46501km

 

と、こんな感じのツーリング。

一泊ツーリングも良いものです。

意外と宿が安い事に気付いたので、このスタイルで走り回ろうと思います。

8月に入れば、祭りの季節となりますので、フラフラ夜遊びにでも行きたいですね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント