パワーチェック!7万8千km走行車両の実力 - ブリブリモンキーの冒険
FC2ブログ

パワーチェック!7万8千km走行車両の実力

お疲れ様です。
いよいよ来月に新車が納車されます。
それまでに、現在のバイクで楽しめるだけ楽しもうと、いろいろ考え中。
その一つが、このパワーチェックです。

年2万km走行しているバイクは、本来の性能を発揮しているのか?
この手の話は興味深いのですが、わからないのが実情。
そんな事をつねづね思っていたら、あるじゃないですか!マイバイク。

マイバイク、FZ1の状態
走行距離 78253km
・年2万km走行のバイク。
・半年毎にショップで定期点検。
・3000km未満のオイル交換。
・5万km走行後、クラッチO/H。

オイル交換だけのフルノーマル車。
整備という整備はバイク屋さんでしかやっていないので、理想的な状態じゃないかしら。

2りんかん 和光店
パワーチェック出来る店が少ないので、和光まで足を延ばします。
朝一の10:30予約。小雨が降る中、開店一番乗りです。


動画でも撮影しようかと思っていましたが静かすぎ。雨音の方が大きいので、断念しました。


さて、測定結果です。
一枚目が、クランクシャフトからの出力特性です。
赤い線が一回目。青い線が二回目。上段が出力曲線で、下段がトルク曲線です。
7470rpmでリミットが掛かるで、ここで終了しています。

6500~7436rpmで谷になっているのが、カーボンが付着しているから。
二回目に改善されたのは、カーボンが飛ばされたから。回さないと鈍るというのはホントです。
逆に6500rpmまでが普段の走行で常用しているので、きっちり再現されて綺麗なもの。


2枚目は後輪出力です。つまり、実際の走行で出ている出力です。

FZ1の諸元表記載の数値

69kW(94PS)/9,000r/min
80N・m(8.2kgf・m) /7,500r/min

注目するのは、7436rpmでのトルクの数値が7.3mkg。
クランクからのタイヤに至るまでのロスを考えても、十分測定誤差に入ります。


ちなみに、こちらが5万km走行後にパワーチェックした時のグラフです。
お店が違うので、同じデータとは言えませんが、全く同じ結果になっています。


よって、マイバイクFZ1は、多走行にも関わらず、新車並みの出力を発揮しています。

これは、凄いものだと思います。
なんたって洗車とチェーンの注油しかしていないバイクで、この結果ですから。
ヤマハ車、恐るべしです。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント