2/6 ハーレー・デモ・ライド・カーニバル埼玉へ行く。 - ブリブリモンキーの冒険
FC2ブログ

2/6 ハーレー・デモ・ライド・カーニバル埼玉へ行く。

お疲れさまです。
案外、見知らぬ人の中に入って行くというのが、年齢を重ねると大変です。
でも、バイクが好きな人には国境がないようで、すんなりと馴染んでしまいました。
そんな新たな出会いから紹介された今回のイベントへと参加します。

09:49 埼玉スタジアム2002
今回のイベント『HARLEY-DAVIDSON DEMO RIDE CARAVAN 埼玉』に参加しちまいます。
昨日、行きたかったのですが、急な仕事のため予定変更となっちまいました。
それでも、午後はお楽しみがあるので、足早に駆け巡ります。






早速ながら試乗コーナーへ向います。
ハーレーの知識は、883の事を『ババサン』と読む事をつい最近、知ったばかりです。

お目当ては、「XL883Lスーパーロー」です。
エントリーモデルながら、随一の小回りが効く車両で、お値段的にも、リーズナブル。


乗車してみると、その車体はとてもスリムで重心が低くの乗りやすいです。
実際に乗ってみると、いわゆるツインの振動は皆無。
ラバーマウントがしっかりと振動を吸収しているようで、FZ1より走り出すとスムーズです。
が、ジャパニーズ・ネイキットで育った僕としては、どう走ったら良いのか検討が付かず今イチ。
アメリカンモデルに乗り馴れている人なら、わかるかもしれません。

で、次の2台目に選んだのが、これ。『VRSCF V-Rod マッスル』


ハーレーの水冷モデルで、240km/hスケールのメーターが付いています。
普通に230km/hまで直線番長のマシンです。
このマシンもラバーマウントが施されているので、振動は皆無。意外です。

乗車してみると、体育館座りをしているような感じに両手足を前に突き出してしまい、今イチかな。
しかし、走り出してみると・・・。これは何かに似ている!ああ、V-MAXだ!
思いのほか、しっくり来ます。乗れますよ。
残念な事に、コースは20km/hしか出せないので、本領発揮が見れなかった。
買うならこれですね。


試乗は時間の関係上ここまで。
ハーレーと言えば荒木恵さんです。スペシャルゲストとして招かれていました。
とっても身長の高い方で、ライディングがカッコいい!


その他、ブースをウロウロ。
お値段を見ると、お高いので手がでないのですが、3年補償が付きで、国産と同じです。
燃料もレギュラーで走らない事もないらしいですが、ハイオク指定。
空冷なのに渋滞での熱ダレはないとの事ですので、買ってみようかなと思えます。


と、ここで足早に去ります。
午後には特別なイベントがありまして、音楽が趣味の友人が招待してくれました。

たまには、音楽も良いもんだなと思いながらも、持つべきものは友です。感謝感謝!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント