クラッチのO/H(50730km) - ブリブリモンキーの冒険
FC2ブログ

クラッチのO/H(50730km)

お疲れさまです。
レースでもしない限り、オーバーホールとは無縁と思っていました。
ですが、5万km走破となると、いろんな場所で消耗品が発生しちまうようです。
今回は、初体験!クラッチのO/Hです。

Nに入りづらい。
違和感を覚えたのが、「雨がふり降り・ヴィーナスツーリング」の時です。
赤信号で停車。Nに入れようとしても2速にストン。下げても1速にストン。

停車中はクラッチを離せなくて、イライラが募っていました。
そこで、対策としてオイル交換+添加剤なんかを入れてみましたが、駄目!
ライトの球切れでYSP東大宮店に行った時、話した所、クラッチが滑ってるのではと。
という訳で、クラッチのO/Hとなります。

クラッチのO/Hの場合は、2通りに別れます。
全ての部品を発注し、完全交換&組み込みするパターン。
組み込みが1日で済むので、納車日から引き渡しまでが、とっても早いのが利点。
その代わり、部品代が高額。使える部品も交換するので、勿体無いというデメリットがあります。

お金持ちだったら良いのですが、貧乏ライダーとしては、ちょっと。
そこで、もう一つのパターンで、お願いします。

クラッチを開けてみて、内部の摩耗品だけを交換するというやり方です。
使える部品はそのままで、摩耗品のみ交換するという大変リーズナブルな方法です。
ですが、開けて交換部品の選定、発注となるので、納期までが長くなるのが難点です。

実際は13日に預けて、19日昨日、整備が完了。
意外と早く済んでしまいました。
交換した部品は、スプリングとプレートです。


スプリングは、完全に使用限度を越え。プレートも使用限度、ギリギリだったため、同時交換。
クラッチハウジングは、全く問題がなかったそうです。(これを交換すると、お値段が跳ね上がる)
FZ1はツーリングモデルですので、耐久性はしっかりあるのかもしれません。

クラッチの滑り症状として、クラッチ操作に違和感がある、ワイヤーに伸びが出るといった症状。
燃費が悪くなる、パワーが落ちたように感じるといった症状。
ギアに繋げても回転数しか上がらないといった症状があるそうです。

また、車種によっても滑りの兆候が様々らしいので、
距離を乗られる方は、O/Hを視野に入れてみるのも、良いかもしれません。
ちなみにお値段は、特価のロードスマート前後交換代より安いかったです。

ちなみに、慣らし無しで、オイル交換も次回は3千km交換となります。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント