No.36 ジャンプ 作・佐藤 正午 - ブリブリモンキーの冒険
FC2ブログ

No.36 ジャンプ 作・佐藤 正午


お疲れさまです。
続いて、次の本です。本が溜まっているので、整理整理です。

次の本は「ジャンプ」です。

この本、ミステリー作品なのに殺人事件ではありません。
テーマが失踪と、変わり種です。

始まりは、アブサンスキーという強烈なカクテルを飲んだかために、
ガールフレンドの「南雲みはる」が、失踪してしまう話です。

この失踪ですが、主人公には全く、心当たりがありません。
恋人なのに関わらずなぜ、失踪したのか?
それを追い求めるのが、とても面白いです。

好きな人と会う時の自分。それだけでは無いと言う事を伝えてくれます。
普段の行動を他人が見たときの様子。その他人が、こう行動するだろうという推測。
そういった話から、間接的に個人を知ると言う事も大切ではないかと思います。

作中の最大の謎は、なぜ失踪したのか?です。
答えは、ボタンの掛け違えのようなものです。
ですが、「直接、言われない残酷さもあるな」と思った作品です。

本当はいけない、最終ページ読み。
どうなるのか気になり読んじまいましたが、それほど面白い作品です。
オススメです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント