No.25 ぼけナース ときどき涙編 作・小林 光恵 - ブリブリモンキーの冒険
FC2ブログ

No.25 ぼけナース ときどき涙編 作・小林 光恵


お疲れさまです。
はっきりしない天気が続きます。
そんな訳で「ターミネーター4」を見に行っちまいました。
カイルて誰?とか、弟・ブーチャンにくわしく説明をされながら鑑賞。
一作目ていつの作品だっけと思いつつ、楽しんでしまいました。

今回の本は「ぼけナース」です。
もともとは、漫画が原作。
看護士の母ちゃん曰く、有名な漫画だそうです。
内容は、新米看護士が織り成すドタバタコメディです。
観月ありさ主演の「ナースのお仕事」を思い出しちまいます。

世の中、数あるお仕事の中で、この仕事だけはできないというのがあります。
その一つが、看護士です。
資格取得や技能など努力すればどうにかなりそうな気がしますが、大きな問題があります。
それは、人の死。努力だけでは、乗り越えられない壁です。

母ちゃんですが、もともと大きな病院に勤めていましたが、今は小さい病院で働いています。
年齢的に夜勤がシンドイと言っていましたが、それ以外にも・・・。
「多くの人は、看取りすぎて疲れた」とも。

そんなお仕事を、新米看護士が見る世界をコメディーとして笑いながら、実体験できます。
元気な時には、お世話になる機会もございませんが、ご迷惑をお掛けしないようにと思っちまいます。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント