No.17 妖怪大戦争 作・荒俣 宏 - ブリブリモンキーの冒険
FC2ブログ

No.17 妖怪大戦争 作・荒俣 宏

お疲れさまです。
読書の感想をアップするのに溜まっているのが、後2冊。
「後でやろう」と先延ばしにすると良くないです。
そんな訳で、遅れながら今回の本を、紹介したいと思います。

「妖怪大戦争」。表紙絵の通り、映画になった作品です。
妖怪と付くからには、文字通り妖怪が出て来ます。
そもそも妖怪とは何か?幽霊とは違うのか?
そんな所を詳しく解説してくれる本です。

話上では、妖怪とは物が何年も立って物心付く事だそうです。
かの有名な安倍晴明は、妖怪を操り平安の時代を、牛耳ったとか。
歴史から想像力を働かせると、とても面白く思えます。

しかし、現代の世の中では幽霊の話は聞くけど、妖怪に付いての話は聞かないですね。
僕の勤めている所では、何を隠そう幽霊トークが普通にできる環境にあります。
なぜかというと、霊感の強い人たちばかりで、
「あそこで見た」とか「ここで足音を聞いた」とかの話をしらふで話しますから、出るんです。
見えない僕としては、「ああ、そうですか」といった所ですが、あるんですね。
でも、そんな人たちでも、妖怪を見た事はないそうです。
今の時代、妖怪はどうしているのか、追跡してみたい気がします。

妖怪について、予備知識的は話ですが、面白い本です。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント